(最終更新日:2021-08-31 10:33:23)
  シバタ タカコ   SHIBATA Takako
  柴田 隆子
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 学習院大学 人文科学研究科 博士後期課程修了 博士(表象文化学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2013/06~ 舞踊学会 Link
2. 2005/12~ 日本独文学会 Link
■ 現在の専門分野
演劇学, ヨーロッパ文学(ドイツ語圏), 舞踊学 (キーワード:舞台芸術、舞踊、演劇、パフォーミングアーツ、ドイツ語圏文化、ドイツ文学、 演劇史) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/03/20 著書  オスカー・シュレンマー ーーバウハウスの舞台芸術   (単著) 
2. 2020/03 論文  文化財としてのフェスティバル ~国際芸術祭をめぐる考察 学習院大学文学部研究年報 (66),255-274頁 (単著)  Link
3. 2019/06/17 論文  〈性〉の教育劇 ――She She Pop『フィフティ・グレード・オブ・シェイム』 Webマガジン『シアターアーツ』  (単著)  Link
4. 2019/03 論文  舞踊アーカイヴの活用に関する考察:ドイツ舞踊基金「遺産」の事例から 学習院大学文学部研究年報 (65),91-109頁 (単著)  Link
5. 2018/03/26 論文  シンポジウム「記録と活用ー三つの分野をめぐって 舞踊學 (40),74-76頁 (共著)  Link
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2021/07/26 空間造形と身体 ~バウハウスの舞台芸術工房の試み(専修大学 現代文化研究会 研究発表)
2. 2021/06/05 バウハウス舞台芸術工房における「運動表象」の法則化(日本独文学会春季研究発表会 「シンポジウムⅠ 〜アヴァンギャルドの運動表象」)
3. 2018/06/02 クローデルとドイツ(日本クローデル研究会)
4. 2017/12/02 記録と活用ー三つの分野をめぐって(第69回舞踊学会大会)
5. 2016/06 バウハウス舞台芸術理論の展開 ~ゲルハルト・ボーナーの取組み(舞踊学会第21回定例研究会)
■ 社会における活動
1. 2021/06 劇カフェ「演劇とジェンダー」
2. 2021/03 ダンス・スコーレ特別講座シンポジウム「踊る女性の身体ーードイツ・イタリア・ロシアのアヴァンギャルド舞踊」 Link
3. 2019/09 2019劇評講座Ⅱ 「翻訳するココロ、演出するコトバ ――小山ゆうな氏を迎えて」
■ 受賞学術賞
1. 2015/01 国際演劇評論家協会(AICT)日本センター シアターアーツ賞 (不変に挑む普遍的「物語」――She She Pop『春の祭典―She She Popとその母親たちによる』)
■ 講師・講演
1. 2021/06/14 演劇とジェンダー(座・高円寺)
2. 2021/03/27 バウハウス・ダンスにおける<女性>の身体(愛知芸術文化センター)
3. 2017/12/02 ドイツ語圏の舞踊アーカイヴ(日本女子大学目白キャンパス)
■ 委員会・協会等
1. 2017/07~ 国際演劇評論家協会 会員(2021年7月より日本センター機関紙『シアターアーツ』編集代表) Link
■ 研究室
神田キャンパス1号館 5階 504