(最終更新日:2020-05-11 08:43:04)
  ヨシエ フミオ   YOSHIE Fumio
  吉江 文男
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1983/03 北海道大学 理学研究科 植物学専攻 博士課程修了 理学博士
2. 1979/03 北海道大学 理学研究科 植物学専攻 修士課程修了 理学修士
3. 1976/03 京都府立大学 農学部 林学科 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 種生物学会
2. 1980/12~ 日本植物学会
3. 1980/12~ 日本生態学会
■ 現在の専門分野
生態・環境 (キーワード:植物生理生態学) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文 Effects of day length and temperature on flowering in Taraxacum platycarpum and T. officinale. 専修大学自然科学紀要 (51),53-62頁 (単著) 
2. 2020/03 その他 生田緑地とキャンパスに生育する植物の和名と学名について(5) 専修大学自然科学研究所所報 101,16-47頁 (共著) 
3. 2019/03 その他 生田緑地とキャンパスに生育する植物の和名と学名について(4) 専修大学自然科学研究所所報 100,16-58頁 (共著) 
4. 2018/03 その他 生田緑地とキャンパスに生育する植物の和名と学名について(3) 専修大学自然科学研究所所報 99,14-44頁 (共著) 
5. 2017/03 その他 生田緑地とキャンパスに生育する植物の和名と学名について(2) 専修大学自然科学研究所所報 98,23-50頁 (共著) 
全件表示(64件)
■ 学会発表
1. 2002/09/22 高山多年生草本の自発休眠の深さ(日本植物学会第66回大会(京都))
2. 1992/09/01 温帯多年生草木の開花時期と生育型・生長習性との関係(日本植物学会 第57回大会 研究発表記録)
3. 1990/10/01 生育環境との関係からみた温帯多年性草本植物の<生長-休眠>様式(日本植物学会 第55回大会)
4. 1990/08/01 Leaf development of temperate herbaceous perennials in exposed and shaded habitats.(V International Congress of Ecology, Yokohma)
5. 1990/07/01 Developmental patterns of leaves and their relationships to wintering forms in the temperate herbaceous perennials.(III International Smposium on Hight Mountain Ecoclogy, Tbilisi/Kazbegi, Georgia, USSR)
全件表示(26件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 教育方法
●作成した教科書、教材
1. 作成した教材
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   多年生草本の生長と休眠特性 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 10号館 6階 10646
■ オフィスアワー
水曜日、3時間目