(最終更新日:2020-07-29 17:29:38)
  タカオカ サダオ   TAKAOKA Sadao
  高岡 貞夫
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1994/02/17
(学位取得)
東京都立大学 博士(理学)
2. 1990/04~1993/09 東京都立大学大学院 理学研究科 地理学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 植生学会
2. 1996/02~ 日本アフリカ学会
3. 1994/07~ 日本第四紀学会
4. 1990/12~ 森林立地学会
5. 1989/11~ 日本植生史学会
全件表示(10件)
■ 現在の専門分野
地理学 (キーワード:自然地理学) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文 長野県梓川上流域における地形植生史:山地の斜面発達と植生分布構造 植生史研究 28(2),47-58頁 (共著) 
2. 2019/09 論文 Regional variations in vegetation patterns on landslides in the snowy mountains of central Japan Mountain Research and Development 39(3),pp.R33-R41 (単著) 
3. 2019/03/25 著書 『羽村市史 資料編 自然』 羽村市 292-376頁 (共著) 
4. 2018/07 著書 『実践 統合自然地理学:あたらしい地域自然のとらえ方』 古今書院 12-26頁 (共著) 
5. 2017/12 著書 『気候変動の事典』 朝倉書店 98-101頁 (共著) 
全件表示(100件)
■ 学会発表
1. 2018/08/24 北アルプスにおける地すべり地植生の比較研究-ランダムフォレストを用いた分析-(日本第四紀学会2018年大会)
2. 2018/03 中部地方の山地における湿地の分布特性と地形(日本生態学会第65回大会)
3. 2017/09 自然の変化が激しい山岳地域における公園利用の問題点―上高地沖積錐の事例(日本地理学会2017年秋季学術大会)
4. 2016/11 北アルプスの高山帯・亜高山帯における線状凹地埋積物を用いた植生史研究(日本植生史学会第31回大会)
5. 2016/11 山地における地形発達過程と現存植生の中に認められる植生形成過程(日本植生史学会第31回大会)
全件表示(47件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/09 2017年度日本陸水学会論文賞
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 5階 4F23