(最終更新日:2023-06-20 12:12:28)
  イケダ アヤカ   IKEDA Ayaka
  池田 彩夏
   所属   専修大学  人間科学部
   専修大学大学院  文学研究科
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2014/04~2017/03 京都大学 文学研究科 博士後期課程 博士(文学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日本心理学会
2. 日本発達心理学会
3. 2020/01~2021/12 ∟ ニューズレター委員
4. 日本赤ちゃん学会
■ 現在の専門分野
教育心理学, 実験心理学 (キーワード:発達心理学、言語発達、社会認知発達) 
■ 著書・論文歴
1. 2022/03 論文  集団内での行動調整の発達:自己のための行動調整と集団のための行動調整. 専修人間科学論集 12(1),33-44頁 (単著) 
2. 2022/02/16 論文  Visual perspective-taking ability in 7-and 12-month-old infants. Plos ONE 17(2),pp.e0263653 (共著) 
3. 2022/01 論文  Observing inefficient action can induce infant preference and learning. Developmental Science 25(1),pp.e13152 (共著) 
4. 2021/06 論文  評判操作の発達–比較症候群アプローチによる検討– 発達科学 35,1-12頁 (共著) 
5. 2020/01 論文  言語レジスター理解の発達メカニズムの検討. 信学技報 119,117-122頁 (共著) 
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2022/07 6-8歳児における傍観者に対する賞罰の判断の検討.(赤ちゃん学会第22回学術集会)
2. 2022/01 Third-party punishment for bystanders by children.(Budapest CEU Conference on Cognition Development (BCCCD22))
3. 2021/07 Mechanism of acquisition of register-listener associations in Japanese children: a comparison of typically and atypically developing children.(IASCL2021 International Association for the Study of Child Language)
4. 2020/01 Observing inefficient action can induce visual preferences in 4-month- old infants.(Budapest CEU Conference on Cognition Development (BCCCD20))
5. 2020/01 Social attention during real-life interactions in Williams syndrome and autism spectrum disorder.(Budapest CEU Conference on Cognition Development (BCCCD20))
全件表示(32件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/09 公益財団法人発達科学研究教育センター 2019年度発達科学研究教育奨励賞 (評判操作の発達-比較症候群アプローチによる検討-)
■ 取得特許
1. 2017/04/14 データ構造及び育児語使用傾向測定装置(6124306)
2. 2015/07/16 育児語使用傾向測定装置、方法、及びプログラム(6241821)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/06~2023/02  幼児における道徳性理解の発達心理学的解明 企業からの受託研究 
2. 2020/04~2023/03  幼児・児童における集団責任の認識の発達プロセスの解明 若手研究 
■ 研究室
生田キャンパス11号館2階11202
■ ホームページ
   専修大学発達心理学研究室
■ メールアドレス
  kyoin_mail