(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  クロダ トモヤ   KURODA Tomoya
  黒田 友哉
   所属   専修大学  法学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 慶應義塾大学 法学研究科
2. 2010/02
(学位取得)
慶應義塾大学 博士(法学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日仏政治学会
2. 日本EU学会
3. 日本国際政治学会
■ 著書・論文歴
1. 2019/08 論文 EC-ASEAN Relations in the 1970s as an Origin of the European Union-Asia Relationship Journal of European Integration History Vol. 25(No.1) (単著) 
2. 2019/04 著書 欧州統合の新段階ー長い1970年代の光と影 (『欧州統合史』に所収) ミネルヴァ書房  (単著) 
3. 2019/04 その他 現代世界はどのようなものか?-現代国際政治史 (『基礎ゼミ政治学』に所収) 世界思想社  (単著) 
4. 2018/11 その他 ヨーロッパ統合と脱植民地化、冷戦ー第四共和制後期フランスを中心に 吉田書店  (単著) 
5. 2017/05 論文 Institutionalisation of the Relations between the EC and ASEAN: Analyzing an Origin of the EU-Asia Relaitonship, 1967-1975 World Political Science Vol.13(Issue. 1) (単著) 
全件表示(15件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/10 2016年10月日本国際政治学会 奨励賞(「 EC/アセアン関係の制度化 1967-1975年」に対して)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   国際関係史、ヨーロッパ・アジア関係、フランス外交史  
2. 2018~2020  エネルギー革命の進展と欧州統合の深化と拡大(基盤研究C、研究分担者) 国内共同研究 
3. 2014/04~2017/03  欧州統合史におけるアジア冷戦史と南北問題の再検討:ECの東南アジア政策を事例に(研究代表者)  
4. 2007/10~2008/09  欧州原子力共同体(ユーラトム)をめぐるフランス外交―海外領土の加入を中心に―(研究代表者)  
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 13階 1306