(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  トキタ ケンイチ   TOKITA Kenichi
  時田 賢一
   所属   専修大学  法学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2004/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士課程修了 博士(人間科学)
2. 2002/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 修士課程修了 修士(人間科学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 日本動物心理学会
2. 日本味と匂学会
3. 日本生理学
4. 日本神経科学学会
■ 現在の専門分野
神経生理学・神経科学一般 (キーワード:味覚) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/07 論文 Sweet and bitter taste stimuli activate VTA projection neurons in the parabrachial nucleus Brain Research 1714,99-110頁 (共著) 
2. 2019/03 論文 味覚情報の神経符号化研究に関する最近の動向―げっ歯類の中枢神経系を中心として― 専修自然科学紀要 (50),63-74頁 (単著) 
3. 2016/07 その他 子ども虐待はなぜ起こるのか――親子関係の脳科学 日本評論社・こころの科学Special Issue ここまでわかった!脳と心 16-24頁 (共著) 
4. 2016/03 論文 Topographic organizations of taste-responsive neurons in the parabrachial nucleus of C57BL/6J mice: An electrophysiological mapping study Neuroscience 316,pp.151-166 (共著) 
5. 2015/09 論文 Distinct preoptic-BST nuclei dissociate paternal and infanticidal behavior in mice EMBO Journal 34(21),2652-2670頁 (共著) 
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. 2016/07 マウス父性行動および喰殺行動に関与する神経回路(第39回日本神経科学大会)
2. 2016/06 Neural circuits controlling pup-directed behaviors in male mice(ISOT2016 17th International Symposium on Olfaction and Taste)
3. 2015/09 マウス結合腕傍核味応答ニューロンの分布様式(日本味と匂学会第49回大会)
4. 2014/09 嫌悪刺激による意志決定行動と尾状核の神経活動への影響(第37回日本神経科学大会)
5. 2013/06 サルの尾状核における嫌悪刺激に関わる情報の表現様式(第36回日本神経科学大会)
全件表示(35件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   味覚の神経科学 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 3階 8322