(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  ナカジマ ヒロマサ   NAKAJIMA Hiromasa
  中島 弘雅
   所属   専修大学  法学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1979/03 東北大学 法学研究科 修士課程修了
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 著書・論文歴
1. 2018 その他 「事業再生手法としての特定調停について――司法型倒産ADRの課題と展望」 高橋宏志先生古稀祝賀論文集『民事訴訟法の理論』(2018)(有斐閣)   
2. 2018 その他 「倒産実務と外国法研究」 第二東京弁護士会倒産法研究会30周年記念誌(2018)  (単著) 
3. 2018 その他 「特別養子審判の準再審事由」 水野紀子ほか編『民法判例百選III親族・相続〔第2版〕』(別冊ジュリスト)   
4. 2017 その他 「不動産強制競売の期間入札において、執行官が無効な入札をした者を最高価買受申出人と定めたとして売却不許可決定がされ確定した場合に、当初の入札までの手続を前提に再度の開札期日を開くこととした執行裁判所の判断に違法がないとされた事例」 法学研究 90(4)  
5. 2017 その他 「会社の『内部文書』と文書提出命令〔シャルレ事件〕」 永井和之=中島弘雅=南保勝美編『会社法新判例の分析』(中央経済社)   
全件表示(303件)
■ 学会発表
1. 2017/11 日本の事業再生制度の現状と課題(第9回東アジア倒産再建シンポジウム)
2. 2017/02 倒産ADRの現状と課題(日韓・韓日倒産処理法シンポジウム (日本学術振興会・韓国研究財団・2国間交流事業共同研究))
3. 2015/07 事業再生のツールとしての倒産ADR――挑戦するADR(2015年度仲裁ADR法学会大会)
4. 2013/11 日本の金融ADRの現状と課題(西江大学校金融法センター (Financial Law Center of Sogang University)主催の国際シンポジウム“Alternative Means of Resolving Financial Disputes : Trends and Prospects with Emphasis on Arbitration”)
5. 2013/03 倒産法制の再構築に向けて(大阪弁護士会・東京弁護士会主催倒産法改正シンポジウム)
全件表示(12件)
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 10階 1006