(最終更新日:2020-08-04 10:59:15)
  ハナワ タケオ   Takeo HANAWA
  塙 武郎
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2004/03 筑波大学 社会科学研究科 博士課程修了 博士(経済学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 公益事業学会
2. 日本交通学会
3. 日本地方財政学会
4. 日本財政学会
5. 日本高等教育学会
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
財政・公共経済, 経済政策, 教育社会学 
■ 著書・論文歴
1. 2019/10/10 論文 国立大学の財務・国際比較における政策的課題と科学的根拠 ―国立大学の安定的財源確保の可能性に焦点をあてて― (国立大学協会 政策研究所)   (単著) 
2. 2019/03/10 論文 アメリカ高等教育財政とレベニュー債  ―「イリノイ大学システム」を事例に― 『社会科学年報』 (53),147-164頁 (単著)  Link
3. 2018/06/03 論文 イリノイ大学システムの財政危機とレベニュー債 日本高等教育学会第21回大会(桜美林大学)  (単著) 
4. 2017/07 論文 「アメリカの就労支援型『リバース通勤』と連邦補助金」 大月短期大学学会『大月短大論集』 (48),17-45頁 (単著) 
5. 2016/04 論文 「自立的就労支援策としての福祉と交通の政策リンケージ -アメリカ『福祉改革法』施行後15年の政策事例にもとづく日本への示唆―」 *** (48)  
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. 2020/10/17 イリノイ大学のレベニュー債と償還財源としての授業料 ―国立大学法人の「大学債」への示唆(日本財政学会第77回全国大会)
2. 2015/10 「オレゴン州の地方財産税率制限をめぐる州民投票と学校区の財源確保」(日本財政学会第72回大会)
3. 2009/03 「ニューヨークMTAの財政分析」(公益事業学会第3回関東部会)
4. 2007/11 「シカゴ公共交通公社RTAの財政システム -『州・地方財政』の枠組み」(公益事業学会第2回関東部会)
5. 2006/10 「アメリカ大都市の学校区予算と構造 -シカゴの事例を中心に」(日本財政学会第63回大会)
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/04/01~ (一般社団法人)国立大学協会「日米における高等教育連携強化諮問委員会」 日本側諮問委員
2. 2018~ (一般社団法人)国立大学協会・政策研究所「高等教育に関する基礎データ等の調査研究グループ」 委員
3. 2017/05/01~2018/03/31 大月市まちづくり協議会(立地適正化計画) 会長(学識)
4. 2016/06/01~2018/03/31 新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」採択による小千谷市真人町集落活性化事業(法政大学現代福祉学部水野雅男教授との共同事業) 委員(学識)
5. 2016/05/01~2018/03/31 大月市教育委員会「コミュニティスクール導入等促進事業」推進委員会 委員(学識)
全件表示(7件)
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 4階 8418
■ オフィスアワー
火曜 12:20-13:00
■ ホームページ
   https://takeo-hanawa.blog.so-net.ne.jp/
■ メールアドレス
  kyoin_mail