(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  カトウ カツヨシ   KATO Katsuyoshi
  加藤 克佳
   所属   専修大学専門職大学院  法務研究科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1982/03/31
(学位取得)
早稲田大学 法学修士
2. 1980/04~1985/03 早稲田大学 法学研究科 刑事法学 博士課程単位取得満期退学
3. 1980/03 早稲田大学 法学部 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔法科大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1982/05~ 日本刑法学会
■ 現在の専門分野
刑事法学 (キーワード:刑事法学) 
■ 産学連携・共同研究等
1.   共同研究区分:共同研究
裁判員制度
■ 著書・論文歴
1. 2015/12 その他 エッサー「捜査手続における弁護人の任命について―欧州人権条約及び法的援助を受ける権利に関する欧州連合指令に照らした刑事訴訟法141条3項の改正賛成意見―」 近畿大学法学会『近畿大学法学』 63(2),129-172頁 (共著) 
2. 2015/03 その他 ボイルケ=シュトッファー「司法取引は確証されたか?―ドイツ刑事法廷での申合せ実務と2013年3月19日ドイツ連邦憲法裁判所の帰結」 名城大学法学会『名城法学』 64(4),133-173頁 (共著) 
3. 2014/03 その他 ボイルケ『ドイツ刑事訴訟法』(1)-(6) 近畿大学法学会『近畿大学法学』  (共著) 
4. 2014/03 その他 刑事手続における協議・合意―主にドイツ法を手がかりとして 成文堂 『曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集〔下巻〕』 377-410頁  
5. 2013/12 その他 ローゼナウ「ドイツにおける答弁取引(いわゆる申合せ)と憲法」 近畿大学法学会『近畿大学法学』61巻2=3号 409-430頁  
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2016/09 日本刑事手続における公開主義(第71回ドイツ法曹大会)
■ 社会における活動
1. 2002~2009 司法試験考査委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2013/03  裁判員制度とその下における犯罪被害者法制の理論的・実証的研究 企業からの受託研究 
2. 2001  裁判員制度 個人研究 (キーワード:裁判員)
■ 研究室
神田キャンパス 8号館 4階 8404
■ メールアドレス
  kyoin_mail