(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  カトウ ユウゾウ   KATO Yuzo
  加藤 雄三
   所属   専修大学  法学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2000/03 京都大学 法学研究科 基礎法学 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/03/23
(学位取得)
京都大学 修士(法学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 法制史学会
■ 現在の専門分野
基礎法学 (キーワード:東洋法制史) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/12 論文 2019年学界回顧 法制史:東洋法制史 法律時報 91(13),234-236頁 (単著) 
2. 2019/03 論文 片山剛編『近代東アジア土地調査事業研究』 法制史研究 (68),233-237頁 (単著) 
3. 2019/03 論文 第二次世界大戦後における中英平等新約の履行:租界資産清理委員会の設置過程 専修法学論集 (135),173-189頁 (単著) 
4. 2018/12 論文 2018年学界回顧 法制史:東洋法制史 法律時報 90(13),233-235頁 (単著) 
5. 2017/11 論文 升科, Shengko, Shengkoing: 上海法租界黄浦江沿岸填拓地的取得问题 法律史译评 4,341-373頁 (単著) 
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. 2016/07 「Mercury号事件始末」(汉语法学论坛2016 来华外国人与近代中国法)
2. 2014/11 「大明律から改定律例へ:明清律例と江戸時代の藩法、明治初期の刑事法」(共同シンポジウム「明代中国と日本-政治と法制-」)
3. 2014/08 「在中国的日本法制史研究的到达点和课题,在日本的中国法制史研究的到达点和课题」(ワークショップ「東亜法的可能性」)
4. 2010/05 「戦後接収期の台湾司法」(法制史学会 第62回総会)
5. 2008/06 「法院办事手续程式与民众诉讼常识-1930年代的官民诉讼观念-」(檀国大学校法学研究所第17回国際学術大会「韓・中・日法の近代化と民族精神」)
全件表示(8件)
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 12階 1202