(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  オガワ タケシ   OGAWA Takeshi
  小川 健
   所属   専修大学  経済学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2008/04~2011/03 名古屋大学 経済学研究科 社会経済システム専攻 博士課程修了 博士(経済学)
2. 2006/04~2008/03 名古屋大学 経済学研究科 社会経済システム専攻 修士課程修了 修士(経済学)
3. 2006/03 名古屋大学 理学部 数理学科 卒業 学士(理学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2018/06~ エネルギー・資源学会
2. 2018/06~ 全国数学教育学会
3. 2018/06~ 日本数学教育学会
4. 2018/06~ 日本森林学会
5. 2017/06~ 漁業経済学会
全件表示(27件)
■ 現在の専門分野
理論経済学, 経済政策, 理論経済学, 経営・経済農学, ソフトウェア (キーワード:国際貿易論(理論研究)、資源経済学・環境経済学(理論)、数理経済学、漁業経済・水産経済(理論)、経済学教育におけるコンピュータソフトの活用、仮想通貨(暗号資産)教育) 
■ 著書・論文歴
1. 論文 Shared renewable resources and gains from trade under technology standards Review of Development Economics  (共著) 
2. 2019/03 著書 中間投入の入った2国3財のリカード・モデルと生産者割当問題(著書内収録論文) 近藤健児・寳多康弘・須賀宣仁(編著)「国際貿易理論の現代的諸問題」勁草書房・第4章収録 79-89頁 (共著) 
3. 2018/03 論文 サーベイ論文:非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるか 専修経済学論集 52(3),167-182頁 (単著) 
4. 2018/03 その他 水産物貿易での近経貿易理論の重要性 アグリバイオ 2018年 4月号 2(4),70-75頁 (単著) 
5. 2017/11 その他 譲渡不可能な漁獲枠の各国分配は国際共通魚価の資源で正当化し得るか 漁業経済学会ディスカッション・ペーパー 7,1-9頁 (単著) 
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2020/03/14 外貨建て保険の国際金融・学部生用講義内容への組み込み(アカデミスト学会) Link
2. 2019/10/26 非譲渡性漁獲枠の各主体配分の不当性とその打開に向けて(北日本漁業経済学会第48回大会・宮城県仙台市大会) Link
3. 2018/07 Non-Cooperative Decision of Fishery Amounts in Integrated Markets: Generalized Version(IIFET 2018 Seattle)
4. 2018/06 非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるべきか(日本経済学会2018年度春季大会)
5. 2018/06 非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるべきか(日本国際経済学会 第8回春季大会)
全件表示(81件)
■ 社会における活動
1. 2019/08 Libra(リブラ)普及のためにFacebook社がなすべき「複数値札表示」とは Link
2. 2019/03 仮想通貨の実利用が一般的になれば、私たちの生活はどう変わるのか?専修大学准教授が解説! Link
3. 2017/12 ISFJ日本政策学生会議2017:政策フォーラムでのコメンテーター Link
4. 2017/12 出身高校同窓会によるOB・OG訪問紹介:OB・OG訪問 vol.7(36回生:小川 健さん) Link
5. 2017/08 (再掲)(イブニングセッション)経済学・学部基礎理論教育におけるMicrosoft Mathematicsの活用
全件表示(16件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/11/30 (再掲)Microsoft Mathematicsと経済学・学部理論教育
2. 2014/09/30 (再掲)Microsoft Mathematicsの経済学教育における活用
●教育に関する発表
1. 2018/03/01 (再掲)非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるべきか
2. 2018/02/09 (再掲)非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるべきか
3. 2018/01/21 (再掲)非技術/情報系の経済系に仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンをいかに教えるべきか~国際経済・国際金融の学部用講義を例に~
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(31件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/10 日本地域学会(2015年大会) 2015年度 日本地域学会 学会賞 奨励賞 (タイトル「結合生産を含むリカードモデルでの特化パターン分析」(2011年10月掲載)) Link
2. 2010/10 日本地域学会(2009年大会) 2009年度(第2回)日本地域学会 学会賞 最優秀発表賞 (報告論文タイトル「結合生産と特化パターン」) Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  (再記)現代的特性を取り込んだ水産物貿易の理論研究 企業からの受託研究 
2. 2015/04~2018/03  現代的特性を取り込んだ水産物貿易の理論研究 若手研究(B)  Link
3. 2013/04~2015/03  (再記)国際輸送を取り入れた包括的な貿易理論の構築 その他の補助金・助成金 
4. 2012/04~2015/03  リカード・モデルにおける中間財等を含む世界経済の生産・貿易体制の理論的研究 企業からの受託研究 
5. 2008  再生可能資源としての水産物の貿易の経済理論分析 個人研究 (キーワード:再生可能資源、漁業、貿易、資源管理、理論分析)
全件表示(6件)
■ 研究室
生田キャンパス 9号館 7階 9710
■ オフィスアワー
(前期のみ)水曜AM11:00-昼12:30(後期のみ)水曜13:00(PM1:00)-14:30(PM2:30)但し期の後半は「小テスト再試」に変えることがある。※講義期間中のみ。水曜に出張が入る場合はオフィス・アワーを急きょ中止することがある。
■ ホームページ
   http://takeshi-ogawa-123.nagoya
■ メールアドレス
  kyoin_mail