(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ミヤタ ムネヒコ   MIYATA Munehiko
  宮田 宗彦
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2007/01~2011/05 ハワイ大学 マノア校 第二言語研究科 第二言語習得 博士課程修了 博士(第二言語習得)
2. 2003/08~2006/08 ハワイ大学 マノア校 第二言語研究科 第二言語研究 修士課程修了 修士(第二言語研究)
3. 2002/12 ハワイ大学 マノア校 文学部 英語 卒業
4. 1996/03 明治大学 文学部 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2003/01~ American Association for Applied Linguistics (AAAL)
■ 現在の専門分野
外国語教育 (キーワード:SLA、用法基盤モデル、構文文法、認知言語学、プロトタイプ、トークン頻度、タイプ頻度、構造化されたインプット、スキーマ化、カテゴリー学習) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/12 著書 ‘What is happened? Your amazon.com order has shipped’: Overpassivization and unaccusativity as L2 construction learning. Pickering & V. Evans (Eds.) Language learning, discourse, and cognition. Amsterdam: John Benjamins. pp.213-247 (共著) 
2. 2018/03 論文 人工言語学習におけるインプット頻度、分布、プレゼンテーションモードの影響について 専修大学人文科学研究所・人文科学年報 (48),191-216頁 (単著) 
3. 2016/11 論文 人工言語学習における母語の影響について 専修人文論集 (99),517-543頁 (単著) 
4. 2016/03 論文 英語学習におけるインプット頻度と語形変化 専修大学人文科学研究所・人文科学年報 (46),177-207頁 (単著) 
5. 2014/08/06 論文 用法基盤モデルと多聴多読 コスモピア・多聴多読マガジン9月号別冊 8(7),101-104頁 (単著) 
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2016/06/17 The role of language use in second language development(JACET談話行動研究会)
2. 2014/08/02 英語教育における用法基盤モデルの応用(2014年日本多読学会年会)
3. 2011/03/26 The effects of frequency, distribution, mode of presentation, and first language on learning an artificial language(AAAL 2011)
4. 2008/10/18 A usage-based approach to overpassivization: The role of input and conceptual biases(The 26th SLRF Conference)
5. 2007/05/11 Frequency effects in the processing of regularly inflected words by native and non-native English speakers(Brown-bag Seminar, University of Hawaii)
■ 受賞学術賞
1. 2006/12 Harry Whiten Prize for Scholarly Excellence
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 14階 1411
■ オフィスアワー
by appointment
■ メールアドレス
  kyoin_mail