(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ナカハラ タカノブ   NAKAHARA Takanobu
  中原 孝信
   所属   専修大学  商学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2009/03 大阪府立大学 経済学研究科 経済学 博士課程修了 博士(経済学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 人工知能学会
2. 情報処理学会
3. 日本オペレーションズ・リサーチ学会
4. 日本マーケティング・サイエンス学会
■ 著書・論文歴
1. 2019 その他 グラフ研磨を利用した顧客クラスタリングによる多様性を考慮した特徴抽出 オペレーションズ・リサーチ 64(2),102-109頁 (共著) 
2. 2018/07 論文 Use of Personal Color and Purchasing Patterns for Distinguishing Fashion Sensitivity Springer, Cham Lecture Notes in Computer Science 10914 (単著) 
3. 2018/06 論文 Investigating consumers’ store-choice behavior via hierarchical variable selection, Advances in Data Analysis and Classification  (共著) 
4. 2017/12 論文 Micro-clustering by data polishing 2017 IEEE International Conference on Big Data pp.1012-1018 (共著) 
5. 2017/06 論文 Drug Utilization of Japanese Patients Diagnosed with Schizophrenia: An Administrative Database Analysis Clinical Drug Investigation 37(6),pp.559-569 (共著) 
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 2018/01/29 データ研磨によるコンセンサスクラスタリングの精緻化(人工知能学会第105回人工知能基本問題研究会)
2. 2018/01/29 パーソナルカラーと購買アイテムによるファッション感度の判別(人工知能学会第105回人工知能基本問題研究会)
3. 2018/01/29 乱数シード依存のクラスタリング手法の安定化に対するアプローチ(人工知能学会第105回人工知能基本問題研究会)
4. 2017/05 グラフ構造による相関ルールの視覚化ツール:KIZUNA(2017年度人工知能学会)
5. 2017/05 相互類似関係を考慮したグラフ研磨の提案とその評価(2017年度人工知能学会)
全件表示(61件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/09 第35回 日本オペレーションズ・リサーチ学会 事例研究賞
2. 2014/03 「平成25年度データ解析コンペティション スキャンパネル一般部門最優秀賞」
3. 2011/01 マーケティング分析コンテスト2010,最優秀賞 (「イノベータ理論に基づくスマートフォン市場成長期の顧客特徴抽出と販売戦略の提案 ―クリークを用いたXperiaの購入プロセスの解明 ―」)
4. 2010/03 平成21年度データ解析コンペティション一般の部優秀賞 (「未購買アイテムを考慮した顧客潜在価値に関する研究」)
5. 2009/03 平成20年度データ解析コンペティション一般の部最優秀賞 (「ポテンシャルモデルを利用したメニュー推薦システムの提案」)
全件表示(12件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2019/03  データ研磨技術を用いた選択集合からの潜在ニーズの発見 若手研究(B)  Link
2. 2015/04~2020/03  データ研磨技術を用いた選択集合からの潜在ニーズの発見 その他の補助金・助成金 
3. 2012/04~2015/03  店舗内の購買行動を考慮した顧客潜在価値に関する研究 その他の補助金・助成金 
4. 2010/04~2015/03  顧客動線データを用いた消費者行動モデルの構築と実験 その他の補助金・助成金 
5. 2007/04~2009/03  メタ・ヒューリスティックスを用いたグラフ構造データからのパターン抽出に関する研究 その他の補助金・助成金 
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 7階 716
■ ホームページ
   http://www.senshu-u.ac.jp/~thc0878