(最終更新日:2020-11-09 10:01:26)
  ユアサ ハルヒサ   YUASA Haruhisa
  湯浅 治久
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 明治大学 文学研究科 修士課程修了
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 著書・論文歴
1. 2020/10/20 論文 書評 志賀節子『中世荘園制社会の地域構造』 ヒストリア (282),55-62頁 (単著) 
2. 2020/09/01 論文 書評/銭静怡『戦国期の村落と領主権力』 歴史評論 (845),74-78頁 (単著) 
3. 2020/07/01 著書 補論「戦国仏教」の成立に寄せて  219-234頁 (単著) 
4. 2020/07/01 論文 福銭貸しとポランニー 本郷 (148),20-22頁 (単著) 
5. 2020/03/26 著書 中世の富と権力   (単著) 
全件表示(146件)
■ 学会発表
1. 2019/03/28 佐々木氏の「西遷」(近江回帰)について-佐々木京極氏・佐々木朽木氏を中心に-(共同研究「中世日本の地域社会における武家領主支配の研究」)
2. 2017/04/30 肥前千葉氏に関する論点と史料(共同研究「中世日本の地域社会における武家領主支配の研究」研究会)
3. 2015/06/07 東国「地下文書」としての「香取文書」についてー帳簿論・土豪論・年貢論ー(中世地下文書研究会 第3回研究会)
4. 2015/01/10 中近世移行期における社会編成と地域諸階層(日本史研究会2015年1月例会 15-17世紀の社会変動)
5. 2011/08 「戦国仏教」論の射程を考える(日本宗教史懇話会サマーセミナー第3期第2回)
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2019/07 第22回大学で学ぼう~生涯学習フェア~日本中世の災害と現代~歴史から何を学ぶか~
2. 2019/02 中世市川と「まつりごと」-「府中」から「境目の地」へ-
3. 2018/07 明治大学リバティアカデミー日本中世の古文書を読む-史料の森を散策する-第五回 中世の土地証文を読む② 『丹波国大谷村 佐々木文書』の世界(二)
4. 2018/06 明治大学リバティアカデミー日本中世の古文書を読む-史料の森を散策する-第四回 中世の土地証文を読む① 『丹波国大谷村 佐々木文書』の世界(一)
5. 2018/01 専修大学人文科学研究所第2回公開講演会 人文科学研究所創立50周年記念 テーマ『災害と人文科学』講演 日本中近世における災害対応と「記憶」の形象化-駿河国『大平年代記』を中心として-
全件表示(96件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/04/01~2013/12/09 フィールドワークによる学生の体験学習の実施
2. 2013/04/01~2013/12/09 視覚に訴えるような工夫
■ 講師・講演
1. 2020/11/07 武州白旗一揆について―特に室町時代(15世紀)を中心に―(埼玉県熊谷市)
2. 2019/11/02 中世東国の庶民の実像―孤立から連帯への道をさぐる―(千葉県市川市本八幡)
■ 研究室
生田キャンパス 9号館 5階 9506