(最終更新日:2020-08-24 17:26:01)
  ワタナベ タカヒコ   WATANABE Takahiko
  渡邊 隆彦
   所属   専修大学  商学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 1990/09~1992/06 マサチューセッツ工科大学 経営学研究科 計量経済学、ファイナンス理論 修士課程修了 経営学修士
2. 1982/04~1986/03 東京大学 工学部 計数工学科数理コース 卒業 工学士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2013/05~ 日本金融学会
2. 2012/11~ 国際商取引学会
3. 2013/11~2019/11 ∟ 理事
4. 2016/11~2019/11 ∟ 年報編集委員長
5. 2012/03~ 日本ファイナンス学会
全件表示(10件)
■ 現在の専門分野
金融・ファイナンス, 経営学 (キーワード:国際金融、金融制度論、国際金融規制、ファイナンス論,企業コンプライアンス、企業経営論) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/08/15 論文 国際商取引の新展開 第一部 電子商取引 第8回 ウィズコロナ時代のフィンテック-日本でのキャッシュレス決済の浸透- 国際商事法務 48(8),1126-1128頁 (単著) 
2. 2020/08 論文 日本のメガバンクのASEAN進出戦略 国際商取引学会年報 (22) (単著) 
3. 2019/02/28 論文 ヤンゴン証券取引所の現状と課題 専修大学商学研究所報 50(7),1-36頁 (単著) 
4. 2018/12/20 論文 仮想通貨をめぐって混同しやすい諸点について システム監査普及連絡協議会 30周年記念誌 49-57頁 (単著) 
5. 2018/04/01 著書 ブロックチェーンをめぐる実務・政策と法  80-93頁 (共著) 
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 2019/11/10 日本のメガバンクのASEAN進出戦略(国際商取引学会第22回全国大会)
2. 2018/03/15 「仮想通貨」ビジネスへの本邦金融機関の取組み―現状と課題―(システム監査普及連絡協議会 2018年3月定例会)
3. 2017/11/12 ブロックチェーン―金融機関の取組みと実務上の課題―(国際商取引学会第20回全国大会)
4. 2016/09/29 日本企業のガバナンス-金融機関の取組みから得られる示唆-(第50回 内部監査推進全国大会)
5. 2016/07/30 TPPとは何か-その概要と可能性-(専修大学大学院商学研究科・東京信用保証協会第13回共同公開講座「TPPが中小企業経営に与える影響-FTA・EPAからの示唆-」)
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2018/11 なぜ今日本企業は反贈収賄を問われるのか?(海外贈収賄・腐敗防止セミナーでの講演)
2. 2018/11 討論者:国際商取引学会全国大会「国際金融における規制・ルールの歴史と課題(佐久間浩司先生報告)」における討論者
3. 2018/11 討論者:国際商取引学会全国大会「東アジアの通貨・金融協力への欧州の教訓(西村陽造先生報告)」における討論者
4. 2018/10 討論者:日本金融学会秋季大会「中国のパーソナルファイナンスにおけるビッグデータの活用(李立栄先生報告)」における討論者
5. 2018/05~2018/05 大会主催:日本金融学会2018年度春季大会
全件表示(16件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/09~ 金融広報中央委員会(日本銀行情報サービス局)とタイアップした金融リテラシー教育の展開
2. 2015/04/01~ 学生のグループワーク・プレゼンテーションに、ミニホワイトボードを活用
3. 2013/04/01~ ゲスト・スピーカーの講演を活用
4. 2013/04/01~ 授業内試験の翌授業での答案返却
●作成した教科書、教材
1. 2013/04/01~ 空所補充式の教材を活用
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2014/10/01~ 国際通貨研究所 客員研究員(非常勤)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  ミャンマーにおける証券取引所の活動および資本市場取引-課題と展望- その他の補助金・助成金 
2. 2013/04~2014/03  国際コンプライアンスの現状と課題 その他の補助金・助成金 
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 7階 711
■ オフィスアワー
水曜日12時15分-13時00分
■ メールアドレス
  kyoin_mail