(最終更新日:2022-06-28 19:05:25)
  アカサカ イクミ   AKASAKA Ikumi
  赤坂 郁美
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2010/04~ 日本地球惑星科学連合
2. 2014/06~2020/08 ∟ 大会運営委員会委員
3. 2005/03~ 日本地理学会
4. 2013/01~2020/03 ∟ 集会専門委員会委員
5. 2005/03~ 日本気象学会
■ 現在の専門分野
大気水圏科学, 地球人間圏科学, 気候学, 自然地理学 (キーワード:気候学、自然地理学) 
■ 著書・論文歴
1. 2022/07/01 著書  II-2-2 アジア・東南アジアにおける地域的な気候特性・局地風(山川修治ほか編.図説 世界の気候事典) 世界の気候事典 111-112頁 (単著) 
2. 2022/06/01 論文  自然教育園内の台地縁辺斜面における土壌侵食特性 自然教育園報告 (54),27-36頁 (共著) 
3. 2022/03 論文  Disturbance and consequent changes of riverbed environments by Typhoon HAGIBIS Flood in 2019 at the middle reaches of the Tama River, central Japan Geographic Reports of Tokyo Metropolitan University 57,pp.39-46 (共著)  Link
4. 2022/03 論文  Rainfall characteristics at the institute for Nature Study, Tokyo and their interannual variability Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University 57,pp.47-54 (共著)  Link
5. 2022/03 論文  東京都江東区周辺における夏季晴天日の気温日変化の地域特性 専修自然科学紀要 53,33-38頁 (共著) 
全件表示(42件)
■ 学会発表
1. 2021/10/04 Data rescue of Philippine meteorological data(ACRE 2021 Virtual Workshop hosted by Singapore Management University)
2. 2021/09/10 Climatology and interannual variability in rainfall in the Philippines from the late 19th century to the early 20th century(EuroSEAS2021)
3. 2021/08 Characteristics on seasonal marches of rainfall and surface wind at Manila for the late 19th century(34th International Geographical Congress (IGC))
4. 2020/10/18 19世紀後半以降のフィリピンにおける降水の季節進行(2020年日本地理学会秋季学術大会)
5. 2020/03 Climatology and changes in rainfall characteristics in the Philippines from the late 19th century to the early 20th century(International Workshop on Climate and Urban/Rural Development in Colonial Southeast Asia)
全件表示(44件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/09~ 新聞記事を活用した学生によるプレゼンテーション
2. 2013/04~ 気象観測によるフィールドワーク
●作成した教科書、教材
1. 2014/01 「2013年の日本の異常気象」の解説記事
2. 2005/11~2008/03 地図帳に含まれる気候図のベースマップ作成
■ 講師・講演
1. 2022/02/19 羽村の気候-市内の気候の特徴と約100年前からの変化- Link
2. 2020/02/15 武蔵野台地西縁部に位置する羽村の気候特性(首都大学東京・飯田橋キャンパス)
3. 2019/06/08 身近な気候からグローバルな気候まで~気候変化を複眼的に考える~(東京ビッグサイト)
4. 2018/12/08 データレスキューから甦る100年前のフィリピンの気候(専修大学生田キャンパス)
5. 2017/11/18 身近な気候変化(専修大学生田キャンパス)
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2021/10~ 信州大学理学部附属湖沼高地教育研究センター共同利用運営委員会 委員
2. 2015/04~ 羽村市史編さん部会(第4部会) 副部会長
3. 2014/07~2021/07 千葉県流山市環境審議会 副会長
4. 2014/06~2020/08 日本地球惑星科学連合 大会運営委員会 委員
5. 2013/01~2020/03 日本地理学会 集会専門委員会 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  東南アジア・東アジアの気候と熱帯大気-海洋相互作用の100年スケールの連関解明 若手研究(B)  Link
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 5階 4F13
■ ホームページ
   専修大学気候学ゼミナール