(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  カツマタ タツヤ   KATSUMATA Tatsuya
  勝俣 達也
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2011/03
(学位取得)
筑波大学 博士
2. 1997/04 筑波大学 人文社会科学研究科 社会科学専攻社会学分野 博士課程単位取得満期退学
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 労働社会学会
2. 日本社会学会
3. 社会政策学会
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:産業・労働・組織) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/09 著書 家族・地域のなかの女性と労働―共稼ぎ労働文化のもとで― 明石書店  (共著) 
2. 2017/06 論文 生産・流通構造の再編に向き合う横編ニットメーカーの試みとその構造的位置づけ 専修大学社会科学研究所月報 (No648),1-27頁 (単著) 
3. 2012/12 論文 戦後織物業における女性労働と労務管理 大原社会問題研究所雑誌 (650),16-32頁 (単著) 
4. 2008/03 論文 「高度成長期以前」の中小零細企業経営者の生活史とその独立に見る個人―組織間関係について 労働社会学研究 (9),34-59頁 (単著) 
5. 2008/03 論文 視点/日本の就業構造における自営業層の歴史的位置―現代の雇用問題への問いかけ― 国際経済労働研究所 『Int’lecowk』 63(4(通巻979)),16-18頁 (単著) 
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2013/11 福井県勝山織物産地における女性の労働と生活(2) ―1950 年代の大規模機業場における労務管理の展開―(日本労働社会学会第25回大会)
2. 2011/05 「戦後の在来型産業における女性たちの労働-生活過程(1)-職場における労働と労務管理-」(社会政策学会第122回大会)
3. 2010/11 「近代家族規範と女性労働の再検討―東北・在来型産業を事例として―(3)機業経営と労務管理―」(日本社会学会第83回大会)
4. 2007/10 「「高度成長期以前」における中小零細企業経営者の「独立志向」について―ライフ・ヒストリーの聞き取りを手がかりに」(日本労働社会学会第19回大会)
5. 2006/10 「「戦後期」都市労働市場に生きた人々の「職業意識」―東京・城東地区における中小企業経営者のライフ・ヒストリーの聞き取りを手がかりに」(日本社会学会第79回大会)
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   中小企業における経営・労働 個人研究 (キーワード:経営者のライフ・ヒストリーと人間像、経営方針・取引関係の分析、アパレル産業の構造変化)
■ 研究室
生田キャンパス 11号館 2階 11210
■ メールアドレス
  kyoin_mail