(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  オオツキ ショウコ   OTSUKI Shoko
  大月 祥子
   所属   専修大学  商学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 東京大学 理学系研究科 修了
2. 2007/03/22
(学位取得)
東京大学 博士(理学)
3. 2004/03/25
(学位取得)
東京大学 修士(理学)
4. 2002/03
(学位取得)
東京大学 学士(理学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2006/01~ American Geophysical Union
2. 2004/05~ 地球電磁気・地球惑星圏学会
3. 2004/03~ 日本天文学会
■ 現在の専門分野
超高層物理学 (キーワード:惑星上層大気) 
■ 著書・論文歴
1. 2013 その他 Return to Venus of the Japanese Venus climate orbiter AKATSUKI Elsevier Ltd. , Acta Astronautica  (共著) 
2. 2012/08 論文 Wave signature in the Venus dayside cloud layer at 58–64 km observed by ground-based infrared spectroscopy Elsevier Ltd. Icarus 220(2),pp.552–560 (共著) 
3. 2012/02 論文 Latitudinal distribution of HDO abundance above Venus’ clouds by ground-based 2.3 μm spectroscopy Elsevier Ltd. Icarus 217(2),pp.610–614 (共著) 
4. 2011 論文 Overview of Venus orbiter, Akatsuki TERRAPUB Earth,Planets and Space 63(5),pp.443-457 (単著) 
5. 2011 論文 Science requirements and description of the 1μm camera onboard the Akatsuki Venus Orbiter TERRAPUB Earth,Planets and Space 63(6),pp.487-492 (共著) 
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 2013/09 Temperature distributions in the Venus O2 night airglow layer from spectroscopic observations(European Planetary Science Congress 2013)
2. 2013/05 地上観測による金星O2大気光層温度分布(日本地球惑星科学連合2013年大会)
3. 2012/10 2012年7月のCSHELL/IRTFによる金星O2大気光地上観測初期報告(地球電磁気・地球惑星圏学会 第132回総会・講演会)
4. 2012/05 あかつき搭載1μmカメラIR1:現状とこれまでの観測結果(日本地球惑星科学連合2012年大会)
5. 2011/12 Photometry of the dayside of Venus at 0.90 μm using IR1 onboard Akatsuki(AGU Fall Meeting 2011)
全件表示(16件)
■ 社会における活動
1. 2012/08 女子中高生夏の学校2012 -科学・技術者のたまごたちへ-
2. 2012/02 トィンクルタイム2011 CHIYODA天体教室「天体観察の達人になろう!」
3. 2012/01 プラネタリウム番組「おしえて!さがぽん 宇宙のおしごと」
4. 2011/12 FMヨコハマ「KANAGAWA Muffin」#89 相模原市にある「宇宙航空研究開発機構JAXA」の相模原キャンパスを取材!
5. 2011/08 東京都中学校理科教育研究会教員研修
全件表示(23件)
■ 教育上の能力
●教育に関する発表
1. 2011/12 金星探査機「あかつき」チームの教育・アウトリーチ活動
2. 2009/09 PLANET-Cチームの教育・アウトリーチへの取り組み
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   金星大気力学・化学の観測的研究 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 4階 8438