(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  フジワラ ノリコ   FIJIWARA Noriko
  藤原 法子
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2009/03/25
(学位取得)
専修大学 博士(社会学)
2. 1997/03 専修大学 文学研究科 社会学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 地域社会学会
2. 日本社会学会
3. 日本都市社会学会
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:都市社会学、エスニシティ研究) 
■ 著書・論文歴
1. 2016/03/20 著書 トランスナショナル・コミュニティ―場所形成とアイデンティティの都市社会学― ハーベスト社 96-116, 144-160, 201-212頁 (共著) 
2. 2016/03/15 論文 「日本人性」の重なりと場所―ニューヨークのジャパニーズ・コミュニティ― 人間科学論集 社会学篇 第6巻(2号),63-71頁 (単著) 
3. 2013/05/20 論文 越境する場所とアイデンティティ―群馬県大泉町の「移民1.5世代」の「場所形成」― 専修大学社会科学研究所月報 (599),24-35頁 (単著) 
4. 2012/03 論文 回路的世界を繋ぐ装置としての「移民宿」―横浜/ホノルルを繋ぐ移動の経験の記憶― 専修人間科学論集 第2巻(第2号),155-167頁 (単著) 
5. 2011/05 著書 新版キーワード地域社会学 ハーベスト社 212-213頁 (共著) 
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. 2005/09 記憶としての移動と異質・多様性を生きるということ-ある家族の沖縄出身をめぐる経験と鶴見潮田という場所(第23回大会)
2. 2004/10 我が国におけるエスニック・スクール研究の現在的意味-第二世代論を手がかりに(第10回大会)
3. 2002/11 地域社会のトランスナショナル化をめぐる研究視点と方法に関する一考察-「エスニック・スクール」と移住1.5世代のアイデンティティに注目して(第75回大会)
4. 2002/09 「エスニック・スクール」と「移動する子どもたち=移住1.5世代」-移動のなかの地域社会が提示する新たな局面(20周年記念大会)
5. 1994/06 外国人児童生徒の生活世界と異文化教育の現状(第12回大会)
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010  日本人のグラスルーツ・トランスナショナリズムの展開と「場所」 国内共同研究 
■ 研究室
生田キャンパス 11号館 2階 11211