(最終更新日:2020-04-10 15:43:42)
  カナイ マサユキ   KANAI Masayuki
  金井 雅之
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1995/04~2000/03 東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士課程修了 博士(学術)
2. 1993/04~1995/03 東京大学 総合文化研究科 相関社会科学専攻 修士課程修了
3. 1993/03 東京大学 教養学部 教養学科第三・相関社会科学専攻 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2009/02~ International Sociological Association
2. 2015/12~2018/07 ∟ Board Member, Research Committee 45 on Rational Choice
3. 2018/07~ ∟ Board Member, Research Committee 55 on Social Indicators
4. 2018/07~ ∟ Secretary/Treasurer, Research Committee 45 on Rational Choice
5. 2012/05~ American Sociological Association
全件表示(22件)
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:数理社会学,社会階層論,社会関係資本論,ウェルビーイング) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/08 著書 Quality of Life in Japan: Contemporary Perspectives on Happiness  pp.151-169 (共著) 
2. 2019/04 著書 変貌する恋愛と結婚:データで読む平成  159-180頁 (共著) 
3. 2018/10 論文 ソーシャル・ウェルビーイング・アジア調査 日本世論調査協会 『よろん』 (122),25-29頁 (単著) 
4. 2018/03 論文 相対的比較と幸福度――アジア7ヶ国・地域の比較 専修大学 『ソーシャル・ウェルビーイング研究論集』 4,81-98頁 (単著) 
5. 2018/03 その他 国際化の経験や意識における日本の社会学者の特徴――世界社会学会議参加者調査と日本社会学会会員調査の比較を通じて *** 167-180頁 (単著) 
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. 2020/02/27 Patterns and Drivers of Change in Happiness Level over the Life Course in Japan(EUROLAB Brown Bag Session)
2. 2019/11/27 Heterogeneity in the Relation between Perceived Unfairness and Subjective Wellbeing: Latent class analyses in three East Asian societies(Cooperative Relations Seminar)
3. 2019/10/17 Patterns of Fluctuation in Happiness along the Life Course in Japan(6th Conference of International Consortium for Social Well-Being Studies)
4. 2019/09/24 Inequality and Subjective Well-Being in Seven Asian Countries: Evidence from a Cross-National Survey and Policy Implications(AASSREC 2019 Conference)
5. 2019/09/06 Effect of Perceived Domain Unfairness on Subjective Wellbeing: Comparison between East and Southeast Asian Societies(17th ISQOLS Annual Conference)
全件表示(65件)
■ 社会における活動
1. 2011/11 景観まちづくりにおける合意形成への課題――「米沢市三沢地区の地域づくりに関する学術調査」より
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012/04 授業毎の小テスト・確認テストの実施
2. 2011/04 プレゼンテーションの実施
3. 2010/04 シャトルカードの活用
4. 2010/04 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の活用
5. 2010/04 成績評価方法の工夫
●作成した教科書、教材
全件表示(11件)
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 5階 4 F7
■ オフィスアワー
月曜日 12:30-13:00
■ ホームページ
   http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thh0808/
■ メールアドレス
  kyoin_mail