(最終更新日:2020-07-23 07:52:18)
  イワタ ヒロナオ   IWATA Hironao
  岩田 弘尚
   所属   専修大学  経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1999/04~2005/03 専修大学 経営学研究科 経営学 博士課程修了 博士(経営学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2012/04~ 日本知的資産経営学会
2. 2011/11~ American Accounting Association
3. 2001/10~ 日本管理会計学会
4. 2017/04~ ∟ 理事
5. 2001/09~ 日本会計研究学会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
会計学 (キーワード:管理会計,意思決定,業績評価,レピュテーション・マネジメント,インタンジブルズ) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文 The Status and Issues of Generally Accepted Accounting Principles and Accounting Education in Laos Research paper of the Institute for Accounting Study, Senshu University 36,pp.1-29 (共著) 
2. 2020/03 論文 経営学部におけるアクティブラーニングの実践 −管理会計系の演習授業とゼミナールの事例紹介– 専修経営学論集 (109),119-137頁 (共著) 
3. 2019/03 論文 “Strategy Cascading for Regional Revitalization in Japan" 会計学研究 45,pp.53-74 (単著) 
4. 2019/03 論文 ラオスの会計制度と会計教育の現状と課題 会計学研究 45,1-28頁 (共著) 
5. 2018/12 論文 “Integrating Enterprise Risk Management and Balanced Scorecard for Reputation Risk Management" 『専修マネジメントジャーナル』 8(2),pp.21-30 (単著) 
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2020/03/05 クチコミが企業レピュテーションに及ぼす影響を計測する手法の提案(情報処理学会 第82回全国大会)
2. 2019/08/28 中小企業における管理会計システムの導入研究-アクションリサーチの観点から-(日本管理会計学会2019年度年次全国大会)
3. 2015/08/30 (共同報告)「企業価値創造に向けてのインタンジブルズの複合的活用」(スタディ・グループ最終報告)(日本管理会計学会2015年度年次全国大会)
4. 2015/08/29 コーポレート・レピュテーションに関する実態調査報告-わが国一般消費者に対する質問票調査の分析に基づいて-(日本管理会計学会2015年度年次全国大会)
5. 2014/09/13 (共同報告)「企業価値創造に向けてのインタンジブルズの複合的活用」(スタディ・グループ中間報告)(日本管理会計学会2014年度年次全国大会)
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2016/04 信州蓼科山麓の食を通じた地方創生の取り組み
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2009/04/01 インゼミの開催
2. 2009/04/01 ゲスト・スピーカーの活用
3. 2009/04/01 コメント用紙の活用
4. 2009/04/01 テーマ毎の小テスト・確認テストの実施
5. 2009/04/01 企業見学,工場見学の実施
●作成した教科書、教材
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2011 Institute of Management Accountants Academic Membership
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2020/03  戦略的レピュテーション・マネジメントの理論フレームワークの構築 基盤研究(C)  Link
2. 2013~2015  「企業価値創造に向けてのインタンジブルズの複合的活用」 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2012/04~2016/03  コーポレート・レピュテーションが企業業績に与える影響 構造の実証的解明 若手研究(B)  Link
4. 2012/04~2015/03  実証研究によるコーポレート・レピュテーションの測定とマネジメント 研究課題 基盤研究(C)  Link
5. 2008~2010  「インタンジブルズの管理会計研究 ―コーポレート・レピュテーションを中心に」 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 研究室
生田キャンパス 3号館 6階 3616