(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  タカハシ ユウイチ   TAKAHASHI Yuichi
  高橋 雄一
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2006/03
(学位取得)
東京外国語大学 博士(学術)
2. 1997/04~2003/03 東京外国語大学 地域文化研究科 地域文化 博士課程単位取得満期退学
3. 1994/04~1997/03 東京外国語大学 地域文化研究科 日本専攻 修士課程修了 修士(言語学)
4. 1994/03 東京外国語大学 外国語学部 日本語学科 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2017/05~ 日中対照言語学会
2. 2005/08~ 日本語学会
3. 2004/12~ 日本語教育学会
4. 2003/10~ 日本エドワード・サピア協会〈学術集会〉
■ 現在の専門分野
日本語学, 日本語教育 (キーワード:現代日本語の文法、日本語教育の文法) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文 形式語「もの」の日本語学習者による習得について 専修人文論集 (106),121-145頁 (単著) 
2. 2019/03 論文 形式語「こと」の日本語学習者による習得について 専修人文論集 (104),93-116頁 (単著) 
3. 2018/05 論文 複合辞の「ものだ」と「ことだ」について ―形式語としての「もの」「こと」の観点から― 藤田保幸・山崎誠(編)『形式語研究の現在』和泉書院 279-297頁  
4. 2018/02 著書 現古対照文法辞典 平成26~29年度 JSPS科研費 JP26370550 研究成果報告書  (共著) 
5. 2018/02 論文 日本語学習者による「ところ」を含む機能語の習得について 『専修国文』 (102号),23-39頁 (共著) 
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 2018/12/09 形式語「こと」「もの」の日本語学習者による習得について(第12回国際日本語教育・日本研究シンポジウム)
2. 2016/11 日本語学習者による「ところ」を含む機能語の習得について(第11回国際日本語教育・日本研究シンポジウム)
3. 2015/10 「もの」「こと」を含む機能語について(月末金曜の会)
4. 2013/11 複合辞の「ものだ」と「ことだ」について(第66回 中部日本・日本語研究会)
5. 2006/10 「バーナード・コムリーの‘attributive clause’について-日本語の文法研究の立場から-」(日本エドワード・サピア協会第21回研究発表会)
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2019/01 「日本語の習得が必要な児童・生徒にとっての日本語について」(あさお多文化サポートネットひまわり 2019年1月研修会における、専修大学兼任講師 小川都氏との共同講演)
2. 2013/11 「“生活者としての日本語学習者”としての大学・大学院の外国人留学生」(平成25年度識字ボランティアブラッシュアップ研修(川崎市麻生・多摩市民館合同)における、専修大学大学院生 孟慧氏との共同講演)
3. 2012/09 「「日本語学習支援としての「日本語ボランティア」を大学の授業にどのように取り入れているか」(平成24年度識字ボランティアブラッシュアップ研修(川崎市多摩市民館)における講演)
4. 2011 柿生土曜日本語教室(神奈川県川崎市麻生区の日本語学習者向けボランティア)への参加
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008 教育内容・方法の工夫
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   複合辞 個人研究 
2.   連体修飾 個人研究 
3.   連体節 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 4階 8421