(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  トキトウ シンイチロウ   TOKITO Shinichiro
  時任 真一郎
   所属   専修大学  法学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1998/04~2003/03 筑波大学 体育科学研究科 体育科学専攻 博士課程修了 博士(学術)
2. 1996/04~1998/03 筑波大学 体育研究科 健康教育学 修士課程修了 修士(体育学)
3. 1996/03 筑波大学 体育専門学群 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 1996/04~ 日本体力医学会
2. 1996/04~ 日本体育学会
3. 1996/04~ 日本運動生理学会
■ 現在の専門分野
身体教育学, スポーツ科学 (キーワード:生理学、高次脳機能、脳波、神経系、認知、判断、反応時間,生理学、運動と脳・神経、低酸素トレーニング、水泳トレーニング) 
■ 著書・論文歴
1. 2016/03 論文 常圧低酸素トレーニングと継続的測定におけるヘモグロビン濃度変動について 専修大学スポーツ研究所紀要 (39),1-7頁 (共著) 
2. 2016/03 その他 大学競泳選手の低酸素トレーニングの実際 専修大学スポーツ研究所報 53頁 (単著) 
3. 2015/03 その他 競泳選手の常圧低酸素環境下における高強度間欠的トレーニングについて 専修大学スポーツ研究所報 (62),50頁 (単著) 
4. 2014/03 その他 大学生のためのスポーツリテラシー& スポーツウェルネステキストブック 日本文化出版 45, 68-69, 87, 110-111, 158-161頁 (共著) 
5. 2014/03 その他 競泳選手の常圧低酸素トレーニングにおけるヘモグロビンの変動について 専修大学スポーツ研究所報 (61),37頁 (単著) 
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2009/09 映像フィードバックによるパフォーマンス分析能力の造成と身体知獲得の支援 ~アイススケートの集中授業における映像フィードバックプログラム~(平成21年度 教育改革IT戦略大会)
2. 2004/11 前期高齢者の随意運動準備期期における随伴性陰性変動(CNV)について(第34回日本臨床神経生理学会大会)
3. 2001/11 前期高齢者の運動課題遂行時に伴う反応時間と事象関連電位の関係(第31回日本臨床神経生理学会大会)
4. 2000/09 標的検出課題と反応動作課題における交感神経皮膚反応(第55回日本体力医学会大会)
5. 1999/11 児童の事象関連電位の特徴(第29回日本脳波・筋電図学会大会)
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2014/10 2014年度 第2回低酸素トレーニングトレーナーの資格取得のための講習会
2. 2014/03 2013年度 第2回低酸素トレーニングトレーナーの資格取得のための講習会
3. 2013/10 横須賀市市民大学後期講座
4. 2009/09 あかちゃん学『めざそう 育児に優しい日南』
5. 2007/08 国立大学法人 東京医科歯科大学教養部 スポーツ公開講座 「みんなと泳ごうジュニア水泳教室」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   競泳選手における常圧低酸素トレーニング 個人研究 
2.   運動遂行時における高次脳機能 個人研究 
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 9階 917
■ メールアドレス
  kyoin_mail