(最終更新日:2022-08-08 14:15:46)
  イシヅカ ヒサオ   ISHIZUKA Hisao
  石塚 久郎
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 学歴
1. エセックス大学大学院 歴史学部 博士課程修了
2. 上智大学 文学部 英米文学 卒業
3. 1999/04/01
(学位取得)
University of Essex 博士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日本英文学会
■ 現在の専門分野
西洋史, ヨーロッパ語系文学 (キーワード:医学と文学、病と文学、身体史、18世紀・19世紀イギリス文学) 
■ 著書・論文歴
1. 2022/07/25 著書  『医学史事典』   (共著)  Link
2. 2021/12/15 論文  ぴくぴくする蛙--18世紀における感じやすい身体と感受性のファイバー医文化 Soundings (47),45-63頁 (単著) 
3. 2021/12/01 論文  Elizabeth Outka, Viral Modernism: The Influenza Pandemic and Interwar Literature 書評 英文學研究 98,66-71頁 (単著) 
4. 2021/06/24 著書  Literature and Medicine: The Eighteenth Century (ch.5 "From Hypo to Bile: The Rise and Progress of Biliousness in the Long Eighteenth Century)  pp.113-143   Link
5. 2021/03/10 著書  『疫病短編小説集』   (共著)  Link
全件表示(39件)
■ 学会発表
1. 2008/02 Experiencing the Weather on the Isle of Man: Feelings and the Self in Townley’s Journal.(International Symposium on the Topology of the Body)
2. 2007/07 Under Urizen’s Web: William Blake and Enlightenment Nervous Medicine(BARS/NASSAR Conference)
3. 2007/07 天気と感性――マン島の男の天候日誌(日本英文学会関東支部会7月例会 シンポジウム、「感性表現の英米文学――人間の感覚は何をとらえ、どう表現するか?」)
4. 2006/05 「情念の耐えられない重さ-情念の生理学からブレイクの「毒の木」を読む」(日本英文学会第78回大会)
5. 2004/10 熱帯地域における白人の身体改変――気候と身体(身体医文化論 月例会)
全件表示(12件)
■ 受賞学術賞
1. 1996 日本英文学会 日本英文学会第19回新人賞受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   長い18世紀(啓蒙期)におけるファイバー・ボディ;胃弱の文化史 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 5階 4F20
■ メールアドレス
  kyoin_mail