(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  サワ コウスケ   SAWA Kousuke
  澤 幸祐
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2003/03/06
(学位取得)
関西学院大学 博士(心理学)
2. 1998/04~2001/03 関西学院大学 文学研究科 心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日本行動分析学会
2. 2004/11~ Psychonomic Society
3. 2002/04~ 日本基礎心理学会
4. 1996/04~ 日本動物心理学会
5. 1996/04~ 日本心理学会
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:学習心理学,比較認知科学) 
■ 著書・論文歴
1. 2018 論文 Use of redundant sets of landmark information by humans (Homo sapiens) in a goal searching task in an open field and on a computer screen. Journal of Comparative Psychology 132,pp.178-188 (共著) 
2. 2017 論文 ヒト-ウマインタラクションから異種間コミュニケーションを考える 動物心理学研究 67,29-36頁 (共著) 
3. 2012 論文 Conditioned flavor preference and the US postexposure effect in the house musk shrew (Suncus murinus). Frontiers in Psychology 3(242) (共著) 
4. 2012 論文 Context and the renewal of conditioned taste aversion: The role of rat dorsal hippocampus examined by electrolytic lesion. Cognitive Neurodynamics. 6,pp.399-407 (共著) 
5. 2012 論文 連合学習理論は擬鼠主義の産物か -表現論としての連合理論- 動物心理学研究 62(1),59-67頁 (単著) 
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 2011 Associative basis of causal reasoning in animals and humans(Seventh Biennial Meeting of the Cognitive Development Society)
2. 2011 The effect of nicotine on rats’ impulsive and timing behavior.(The 52nd Annual Meeting of Psychonomic Society)
3. 2011 The effect of stimulus salience on retrospective revaluation in taste aversion paradigm.(The 18th International Conference on Comparative Cognition)
4. 2011 ドパミンアゴニストによる衝動制御障害の神経学的機序に関する基礎的研究(第21回日本臨床精神神経薬理学会第41回日本神経精神薬理学会合同年会)
5. 2010 回顧的再評価と媒介条件づけ: 味覚嫌悪学習事態を用いた検討(日本基礎心理学会第 29 回大会)
全件表示(29件)
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 4階 4403