(最終更新日:2020-07-15 18:22:55)
  オオクボ マチア   OKUBO Matia
  大久保 街亜
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1998/04~2002/03 東京大学大学院 人文社会系研究科 基礎文化研究専攻 博士課程修了 博士(心理学)
2. 1996/04~1998/03 東京大学大学院 人文社会系研究科 基礎文化研究専攻 修士課程修了 修士(心理学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日本心理学会
2. 2010/03~ Psychonomic Society
3. 2000/11~ Cognitive Neuroscience Society
4. 1998/07~ 日本基礎心理学会
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:認知心理学,大脳半球左右差,視覚情報処理,認知情報処理) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/07/15 論文 基礎から臨床まで─心理学基礎実験で土台を築く 心理学ワールド 90,23-23頁 (単著) 
2. 2020/03 論文 左の顔と右の顔:悪い奴は左頬で笑う 心理学ワールド 89,9-12頁 (単著)  Link
3. 2020/02 論文 日本語版20項目相貌失認尺度の開発および信頼性・妥当性の検討 心理学研究  (共著)  Link
4. 2020/01/14 論文 Filtered beauty in Oslo and Tokyo: A spatial frequency analysis of facial attractiveness PLOS ONE 15(1),pp.e0227513 (共著) 
5. 2019/12/01 論文 「コンピュータ&エデュケーション」と帰無仮説検定:統計手法の改革は進んでいるか? コンピュータ&エデュケーション 47(1),12-17頁 (単著) 
全件表示(78件)
■ 学会発表
1. 2019/11/16 Limited metacognitive awareness to the accuracy of face-based trait inference.(The 60th annual meeting of Psychonomic Society)
2. 2019/11/15 Attentional aftereffects of gaze and peripheral cues: Inhibition of return or facilitation of Return?(The 60th annual meeting of Psychonomic Society)
3. 2019/11/15 Could the first item in a DRM list be a trigger for false recall when the critical lure is strongly associated to it?(The 60th annual meeting of Psychonomic Society)
4. 2019/11/14 Effects of social anxiety on attentional Control for social and non-social Stimuli.(The 60th annual meeting of Psychonomic Society)
5. 2019/11/02 Working memory and texting while walking.(The 58th Annual Conference of Taiwan Psychological Association)
全件表示(123件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04/01~2013/12/30 視聴覚教材を利用した講義
●作成した教科書、教材
1. 2011/12/01 認知心理学:知のアーキテクチャを探る 新版(有斐閣)
■ 受賞学術賞
1. 2020/01 日本心理学会 日本心理学会学術大会特別優秀発表賞 (顔で人柄がわかると信じる人の顔特性推論は実際に正確か)
2. 2019/01 日本心理学会 日本心理学会学術大会特別優秀発表賞 (不気味の谷現象における他人種効果:瞳孔径計測による検討)
3. 2015/01 日本心理学会 日本心理学会学術大会優秀発表賞 (フランダース利き手テスト日本語化の試み)
4. 2014/01 日本心理学会第77回大会 日本心理学会学術大会優秀発表賞
5. 2013/09 日本行動計量学会 杉山明子賞(出版賞)
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  裏切りの隠蔽と検出における無意識的過程 科学研究費補助金 基盤(C) 
2. 2015/04~2020/03  協調行動におけるダイナミクスとその進化的基盤 基盤研究(C)  Link
3. 2012/04~2015  認知の左右差における生物学的要因と文化的要因の相互作用 その他の補助金・助成金 
4. 2008/04~2011/03  空間関係処理における大脳半球間相互作用:空間解像度と機能の分割と統合 その他の補助金・助成金 
5. 2006/04~2008/03  時間情報処理における大脳半球左右差:トレードオフ仮説の検討 その他の補助金・助成金 
全件表示(8件)
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 4階 4402