(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  スズキ タケオ   SUZUKI Takeo
  鈴木 健郎
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2003/02/19
(学位取得)
東京大学 博士(文学)
2. 1999/03 東京大学 人文社会系研究科 宗教学宗教史学専攻 博士課程修了
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 1996/04~ 中国出土資料学会
2. 1996/04~ 日本宗教学会
3. 1996/04~ 日本道教学会
■ 著書・論文歴
1. 2016/01 その他 『スクリブナー思想史大事典』 丸善出版   
2. 2014/03 著書 「三つ以上の地域の相互関係を研究する意味について」 鈴木健郎・根岸徹郎・厳基珠編『学芸の還流―東-西をめぐる翻訳・映像・思想』専修大学出版局、2014年3月 427-444頁 (単著) 
3. 2014/03 著書 『学芸の還流―東-西をめぐる翻訳・映像・思想』(共編著) 専修大学出版局  (共著) 
4. 2014/03 論文 「羅浮山の調査の概要」 『洞天福地研究』第5号、洞天福地研究編集員会編、好文出版2014 81-94頁 (単著) 
5. 2013/12 著書 「丹道在日本的実践性展開:宗教・武術・医術」 李豊楙ほか編『丹道実践:近代人文與相遇的養生文化』政大出版社(台北)、2013年 151-170頁 (単著) 
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 2013/03 聖地与錬丹―羅浮山・武夷山(第1回日本・フランス中国宗教研究者会議)
2. 2012/12 丹道在日本的実践性展開:宗教・武術・医術(丹道實踐與人文、科技的相遇:宗教生命關懷學術研討會)
3. 2010/11 白玉蟾と道教聖地(日本道教学会第61回大会)
4. 1999/09 道教における神秘主義的思想と倫理(第58回日本宗教学会)
5. 1998/09 道教における「造化への参入」の思想(第57回日本宗教学会)
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2005/11 日本道教学会 第八回日本道教学会賞
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 14階 1412