(最終更新日:2021-10-22 14:11:10)
  イトウ カズノリ   ITO Kazunori
  伊藤 和憲
   所属   専修大学  商学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2005/03/25
(学位取得)
専修大学 博士(経営学)
2. 1983/03 慶應義塾大学 工学研究科 管理工学 博士課程単位取得満期退学
3. 1977/03 専修大学 経営学部 経営学 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2012~ 日本知的資産経営学会
2. 1987/04~ 日本経営学会
3. 1985/04~ 日本原価計算研究学会
4. 1985/04~ 日本管理会計学会
5. 1985~ 日本会計学研究学会
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
会計学 (キーワード:管理会計) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/09/09 論文  A Comparative Study of Integrated Thinking, Information Connectivity, and Value Creation Based on Integrated Reports of Japanese Companies Journal of Human and Sustainability Studies (9),pp.413-433 (単著)  Link
2. 2021/07/30 著書  価値競争のための統合報告-情報開示から情報利用へ-   (単著) 
3. 2021/07/15 論文  日本企業の統合報告書の比較研究 専修商学論集 (113),25-39頁 (単著) 
4. 2021/01 論文  病院BSCの部門へのカスケードに関わるアクションリサーチ 専修大学商学論集 (112),27-36頁 (単著) 
5. 2020/12/20 著書  情報の結合性を実現する価値創造プロセスの可視化 日本知的資産経営学会誌 (6),8-27頁 (単著) 
全件表示(122件)
■ 学会発表
1. 2013/09 管理会計における統合報告の意義(日本会計研究学会第72回大会)
2. 2011/11 バランスト・スコアカードの現状と課題(日本管理会計学会2011年度年次全国大会)
3. 2011/09 コーポレート・レピュテーションの財務業績への影響-実証研究の結果を踏まえて-(日本会計研究学会第70回大会)
4. 2005/10 無形の資産を創造するITマネジメントのあり方
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04/01~2006/07/14 管理会計
2. 2005/11/01 『ABC/ABM』
●作成した教科書、教材
1. 2010/11 企業価値創造のための管理会計ハンドブック-グループ企業の戦略マネジメント-
2. 2006/03/10 『企業資本計算ゲーム』
3. 2005/11/11 『経済性分析』
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/09 日本原価計算研究学会・第41回全国大会 日本原価計算研究学会・学会賞
2. 2015/08 日本管理会計学会・2015年度全国大会 日本管理会計学会・学会賞
3. 2015/05 日本公認会計士協会 日本公認会計士協会学術賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  インタンジブルズと企業価値に関する研究 基盤研究C (キーワード:インチンジブルズ,企業価値,実証研究,イノベーション, 戦略)
■ 研究室
神田キャンパス1号館 14階 1401
■ オフィスアワー
火曜日 12:00~13:00
■ メールアドレス
  kyoin_mail