(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  アズマ ヒロミ   AZUMA Hiromi
  東 裕美
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2006/03/22
(学位取得)
The University of Manchester U.K. Ph.D
2. 2006/03 お茶の水女子大学 人間文化研究科 比較社会文化学 博士課程単位取得満期退学
3. 2000/03 お茶の水女子大学 人間文化研究科 言語文化専攻 修士課程修了 修士(人文科学 言語学)
4. 1997/03 お茶の水女子大学 文教育学部 外国文学科英文学英語学専攻 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 日本英語学会
2. 日本語用論学会
3. 1997~2015 お茶の水女子大学英文学会
■ 現在の専門分野
言語学 (キーワード:言語学、語用論) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/11 論文 指示詞thatと共有知識 専修人文論集 (103号),289-299頁 (単著) 
2. 2017/12 論文 不特定のThisについて―文法化の観点から― 専修人文論集 (101号),143-154頁 (単著) 
3. 2016/12 論文 Cognitive Statuses : Their Classification and Arrangement 専修人文論集 (99号),pp.389-411 (単著) 
4. 2014/11 論文 Either This Or That: But Not Both 専修人文論集 (95号),pp.231-250 (単著) 
5. 2009/03 その他 On Pronoun Referents in English John Benjamins Publishing Company pp.163-175 (単著) 
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2010/11 it,that,thisについて-接近可能性の観点から-(お茶の水女子大学英文学会)
2. 2008/08 The Development of Pronouns in English: A Case of Grammaticalization?(Workshop on Anaphora Resolution 2 (WAR2))
3. 2007/08 The Evolution of Pronouns in English(The 3rd Late Modern English Conference (LMEC3))
4. 2007/07 Accessibility and Pronouns in English(The 10th International Pragmatics Conference)
5. 2007/07 On The Classification of Criteria for Measuring Accessibility of Pronoun Referents in English(The 10th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC10))
全件表示(10件)
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 10階 1003