(最終更新日:2020-09-22 09:54:15)
  ナガシマ タケシ   NAGASHIMA Takeshi
  永島 剛
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1995/09~2002/02 サセックス大学 人文研究センター 歴史学専攻 博士課程修了 博士(歴史学)
2. 1991/04~1993/03 慶應義塾大学 経済学研究科 経済史専攻 修士課程修了 修士(経済学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 日本医史学会
2. 社会政策学会
3. 2003/11~ The Social Science History Association
4. 2000/05~ 社会経済史学会
5. 1991/05~ 日本西洋史学会
■ 現在の専門分野
経済史 (キーワード:経済史、社会史、医療史) 
■ 産学連携・共同研究等
1. 2020
共同研究区分:共同研究
工業化以前の都市の機能と経済発展:「長期の」18世紀イギリスを中心として(科学研究費/大阪大学)
2. 2010
共同研究区分:共同研究
「近代市民規範のポリティクス―「社会改良」の複合的メカニズムに関する史的考察―」(科学研究費/専修大学)
3. 2010
共同研究区分:共同研究
「近現代の日本における医療の構造変化と歴史の重層」(科学研究費/慶應義塾大学)
4. 2009
共同研究区分:共同研究
「持続的発展に向けての社会関係資本の多様な構築」専修大学社会知性開発研究センター
5. 2008
共同研究区分:共同研究
「日本の医療と健康:府県別長期統計の作成と分析」一橋大学GCOE「社会科学の高度統計・実証分析」
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/08 著書 「疫病と公衆衛生の歴史 西欧と日本」『人口と健康の世界史』第7章  163-186頁 (共著) 
2. 2020/04 著書 「石鹸がもたらした人びとの生活の近代:一九世紀イギリスの場合」『歴史のなかの人びと―出会い・喚起・共感』   (共著) 
3. 2020/03 論文 ヴィクトリア時代イギリスにおける医師資格―高木兼寬の場合」 『日本医史学雑誌』 66(1),110-111頁 (単著) 
4. 2020/03 論文 書評『近世日本の貧困と医療』 『日本医史学雑誌』 66(1),113-114頁 (単著) 
5. 2019/11 論文 書評 Trust Among Starangers: Friendly Societies in Modern Britain 『ヴィクトリア朝文化研究』 (17),204-208頁 (単著) 
全件表示(61件)
■ 学会発表
1. 2019/05/19 学際的歴史講義における留意点(日本西洋史学会大会)
2. 2015/08/10 Meiji Japan’s encounter with the “English system” of infectious disease control: The “Hesperia Incident” of 1879(The 8th Anglo-Japanese Conference of Historians)
3. 2015/08/05 The “Edo system” of urban government as a model for Meiji public health reformers(XVIIth World Economic History Congress)
4. 2012/12/15 Public health sciences and daily life in modern Japan(The Sixth Conference of the Asian Society for the History of Medicine)
5. 2012/09/13 The triumphant return of Baron Takaki to London in 1906, as a disciple of British epidemiology(The 7th Anglo-Japanese Conference of Historians)
全件表示(30件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/04/01~2015/10/01 経済史・社会史にかんする英語によるプレゼンテーション方法
2. 2013/04/01~2013/10/31 長期統計を用いた経済変化の把握
3. 2006/04 毎回の授業の基本的な進め方の工夫
4. 2006/04 視覚に訴えるような工夫
●作成した教科書、教材
1. 2006/04 自作のプリント等配布資料の作成
■ 講師・講演
1. 2017/06 英国におけるEU観-「自由化」と「統制」をめぐって
2. 2015/06 経済情勢と人びとの健康状態:イギリスの経験を中心として
3. 2012/09 Hygieneと衛生―長与専斎のみた欧米と日本
4. 2011/10 歴史の中の疫病~ヨーロッパと日本~
5. 2007/06 イギリス「経済衰退」再考
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   保健医療政策の社会経済史:近代イギリス・日本 個人研究 
2.   生活環境の社会経済史:近代イギリス・日本の都市化・衛生環境・インフラ整備 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 10号館 6階 10605