(最終更新日:2022-04-07 11:57:55)
  アオキ アキミチ   AOKI Akimichi
  青木 章通
   所属   専修大学  経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2000/03 慶應義塾大学 商学研究科 経営学・会計学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/03 専修大学 経営学研究科 経営学専攻 修士課程修了 修士(経営学)
3. 1992/09 早稲田大学 商学部 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2002/06~ 日本会計研究学会
2. 2018/09~2021/09 ∟ 評議員
3. 1997/09~ 日本管理会計学会
4. 2014/04~2017/03 ∟ 理事
5. 2017/04~2020/03 ∟ 常務理事
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
会計学 (キーワード:管理会計 原価計算) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/03 論文  価値共創におけるネットプロモータースコアの役割 企業会計 73(3),33-39頁 (単著) 
2. 2021/01 論文  Management Control System in Value Co-Creation Processes Japanese Management and International Studies (17),pp.115-127 (単著) 
3. 2020/10 論文  販売チャネルの多様化に伴うホテルと顧客とのコミュニケーションに関する研究-インタビュー調査に基づく検討- 専修マネジメントジャーナル 10(1),15-26頁 (共著) 
4. 2020/08 論文  価格変動制の導入に貢献する顧客管理会計 企業会計 72(8),4-5頁 (単著) 
5. 2020/07 論文  価値共創プロセスにおけるマネジメント・コントロール 企業会計 72(7),4-5頁 (単著) 
全件表示(81件)
■ 学会発表
1. 2021/11 レベニューマネジメントの効果的実施のための顧客管理会計の役割(日本組織会計学会第4回全国大会)
2. 2021/08 宿泊業の労働生産性向上に対する原価企画の貢献に関する一考察(日本管理会計学会2021 年度年次全国大会)
3. 2021/07 A Trial of Active Learning Method for Business Management Education in Online Environment(23rd International Conference on Human-Computer Interaction)
4. 2020/03 OODA Loop Deepens Their Understanding: Proposal of Active Learning Method in Undergraduate Business Management Education(14th annual International Technology, Education and Development Conference)
5. 2019/10 Study of relationship between revenue management practices and stakeholders at Japanese hotels(5rd International Tourism and Hospitality Management Conference)
全件表示(44件)
■ 社会における活動
1. 2020/01 日本公認会計士協会東京会青年部特別委員会「有識者と深める管理会計実地講座 -プロ野球収益管理編-」講師
2. 2019~ 産業経理協会「管理会計講座」 講師 「「収益管理会計の最前線」
3. 2018/04~2018/04 日本経済新聞 やさしい経済学「レベニューマネジメントとは何か」(1)~(8)(全8回)
4. 2018~ 京都大学上級経営会計専門家(EMBA)プ ログラム講師
5. 2013/07 自治大学校税務会計特別コース第85期講師
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/09~2023/09  サブスクリプションビジネスのモデル化とその評価に関する研究 その他の補助金・助成金 
2. 2021/04~2024/03  サービス業における収益管理の役割期待の変化に関する研究 研究課題 基盤研究C 
3. 2020/04~  インバウンド客の増加にともなう観光産業におけるマネジメントの諸課題 基盤研究B  Link
4. 2018/07~2019/06  マルチステークホルダーの視点を取り入れた長期的利益向上のためのレベニューマネジメントの研究-日本の宿泊産業を対象に- 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2018/04~2021/03  サービス業における顧客管理会計としてのレベニューマネジメントの研究 基盤研究(C) 
全件表示(11件)
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 3階 8326