(最終更新日:2022-08-11 17:17:46)
  アキヨシ ミト   AKIYOSHI Mito
  秋吉 美都
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2004/03 The University of Chicago Department of Sociology 博士課程修了 Ph.D.
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2010/04~ 情報通信学会
2. 2005/01~ International Network for Social Network Analysis
3. 2002/01~ American Sociological Association
4. 1997/04~ 日本社会学会
5. 1997/04~ 関東社会学会
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:社会統計、情報技術) 
■ 産学連携・共同研究等
1. 2010
共同研究区分:共同研究
日本におけるブロードバンド利用に影響する要因の分析
産学連携協力可能形態:共同研究
■ 著書・論文歴
1. 2021/11/02 著書  Effective Decision Rules for Systems of Public Engagement in Radioactive Waste Disposal: Evidence from the United States, the United Kingdom, and Japan  pp.509-533 (共著) 
2. 2021 論文  "Sociological research on information and communication technologies in Japan" International Sociology 36(2),pp.302-313 (単著) 
3. 2021 その他  モダニティと自己アイデンティティ   (共著) 
4. 2021 その他  文庫版解題 三十年後の答え合わせ モダニティと自己アイデンティティ 424-455頁 (単著) 
5. 2019/01 著書  "Busy, Happy and Withdrawn: Japanese Women's Constrained Leisure Choices" in Gill Steel, ed. Beyond the Gender Gap in Japan University of Michigan Press pp.50-66 (単著) 
全件表示(42件)
■ 学会発表
1. 2022/08/08 Watch and Learn: Affective Aspects of Parenthood and Their Effects on Fertility(American Sociological Association the 117th Annual Meeting)
2. 2018/06 The Health Price of Equality: Sleep Deprivation of Working Women in Japan(Society for the Advancement of Socio-Economics, 30th Annual Meeting)
3. 2017/11 "Girls Just Wanna Have Fun?"(Beyond the Gender Gap in Contemporary Japan)
4. 2017 Three Decades of Tinkering: Individual and Collective Deliberations about What the Internet Should Be(The International Confrence on the Changes of Network Society)
5. 2011/08 "Quitting a Job: The Effect of Job Characteristics on Job Separation of University Educated Women"(106th ASA Annual Meeting)
全件表示(23件)
■ 社会における活動
1. 2012/04 総務省情報通信政策研究所・特別上級研究員
2. 2009/05 第20回マルチメディア振興センター特別講演会 「モバイル通信のブロードバンド化と安心安全なネットワークづくり」
3. 2008/06 Internet Actu(フランスのインターネット関連ニュースサイト)とのインタビュー Link
4. 2006/06 情報通信政策研究会議
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04/01 オーラル・コミュニケーションに重点をおいたゼミナール
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   情報行動のミクロデータ分析 個人研究 (キーワード:格差、情報コミュニケーション技術、インターネット、メディア、量的方法)
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 5階 4F10