(最終更新日:2020-11-01 14:29:01)
  イイヌマ タケコ   IINUMA Takeko
  飯沼 健子
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2002/08 コーネル大学 都市地域計画学科 博士課程修了 博士(City and Regional Planning)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 国際開発学会
2. 日本女性学会
3. 東南アジア学会
4. 2009/11~ ジェンダー史学会
■ 現在の専門分野
発展途上国研究・ジェンダー 
■ 著書・論文歴
1. 2019/12 論文 Objective and Subjective Well-Being: Possibilities for Supplementing Measures of Women's Empowerment. The Senshu Social Well-being Review (6),pp.13-24 (単著) 
2. 2019/03 論文 拡大ASEANにおける格差是正―域内協力か隣国協力か― ソーシャル・ウェルビーイング研究論集 (5),67-88頁 (単著) 
3. 2018/03 著書 ラオスにおける民間部門のための人材育成 『メコン地域におけるビジネス教育』白桃書房 217-238頁 (単著) 
4. 2017/09 論文 « Les relations économiques, politiques et culturelles entre l'Union européenne et le Japon » Les Frontière extérieures de l'Union européenne. Université internationales d'été du Mercantour. 155-160頁 (共著) 
5. 2017/01 論文 「地域統合下のタイ・ラオス・ベトナム国境地域の連結性」 『専修大学社会科学研究所月報』 (642・643),26-41頁 (単著) 
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 2017/10/13 ”Development Cooperation for CLMV: Regional Integration and the Pursuit of Equitable Development.”(Social Well-being in the Context of Regional Integration: Searching for a Joint ASEAN Model)
2. 2017/09/07 « Les relations économiques, politiques et culturelles entre l'Union européenne et le Japon. »(Universités internationales d' Été du Mercantour)
3. 2017/03/09 ”Social Well-being in Japan, Korea, and Vietnam: a Gender Perspective.”(Conference on International Consortium for Social Well-being Studies)
4. 2013/09/04 東南アジアにおける地域統合 -新たな枠組みとなり得るかー(日越外交関係樹立40周年記念シンポジウム)
5. 2013/01/18 Women's Norms and Roles in the Lao State: Institutional Characteristics of the Lao Women's Union.(Workshop on Laos. Authoritarian State, Weak State, Environmental State?)
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2017/09 « Les relations économiques entre l'Union européenne et le Japon »
2. 2010/08 国際協力機構 「農民参加による農業農村開発」ベトナム限定研修
3. 2010/01 国際協力機構 「農民参加による農業農村開発」ベトナム限定研修
4. 2009/12 国際協力機構 「農民参加による農業農村開発」研修コース
5. 2008/12 VertigO - la revue électronique en sciences de l'environnement 編集委員
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2004~2008 教育内容・方法の工夫
●作成した教科書、教材
1. 2004~2008 作成した教材
●教育に関する発表
1. 2006 講演など
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2004~2008 その他
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   発展途上国問題、地域統合、ジェンダー問題、ガバナンス 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 9号館 5階 9525