(最終更新日:2020-01-27 00:04:07)
  イズミ ルイ   IZUMI Rui
  泉 留維
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2004/03 東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 2000/03 同志社大学 経済学研究科 応用経済学専攻 修士課程修了 経済学修士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2019/08~ 林業経済学会
2. 2010/09~ 日本地理学会
3. 2001/05~ 環境経済・政策学会
4. 2000/03~ 日本NPO学会
■ 現在の専門分野
環境政策・環境社会システム (キーワード:地域通貨、コモンズ、フットパス、アクセス権) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/10 著書 コモンズと農山村経済 大守隆編著『ソーシャル・キャピタルと経済:効率性と「きずな」の接点を探る』ミネルヴァ書房 135-156頁 (単著) 
2. 2018/09/01 論文 自治体は地域通貨とどう向き合うのか 都市問題 109(9),36-44頁 (単著) 
3. 2018/03 著書 お金と自然資源の新たな関係を作り出す地域通貨の試み 森林環境2018 55-64頁 (単著)  Link
4. 2018/03 論文 日本のフットパスにおけるウォーカーの志向について 専修経済学論集 52(3),21-33頁 (共著)  Link
5. 2017/12 論文 日本における地域通貨の実態について-2016年稼働調査から見えてきたもの 専修経済学論集 52(2),39-53頁 (共著)  Link
全件表示(57件)
■ 学会発表
1. 2019/12/26 エントロピー経済論と地域通貨(コモンズ研究会)
2. 2019/11/24 「木の駅」における地域通貨の現状と課題について -木の駅センサス2019の分析から(林業経済学会2019年秋季大会) Link
3. 2019/05/25 日本の「歩く」ための道の制度的特徴について~フットパス、ロングトレイル、オルレ、自然歩道の現状と比較~(コモンズ研究会)
4. 2018/11/17 日本におけるフットパスの設置の仕方について:根室フットパスを事例にして(林業経済学会2018年秋季大会) Link
5. 2011/03/29 北海道におけるフットパス事業の展開について(日本地理学会2011年春季学術大会)
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2019/03  オープン・アクセス化による新たなコモンズの創造 基盤研究(C)  Link
2. 2012/04~2014/03  環境政策におけるアクセス権の位置づけについて 若手研究(B)  Link
3. 2010/04~2011/03  フットパスから見るアクセス権と自然環境保全の関係について その他の補助金・助成金  Link
4. 2008  フットパスから見るアクセス権と自然環境保全の関係 個人研究 (キーワード:歩く権利、里道、コモンズ)
5. 2005  エコロジー経済学における貨幣論について 個人研究 (キーワード:エントロピー、貨幣)
全件表示(6件)
■ 研究室
生田キャンパス 3号館 4階 3405
■ オフィスアワー
月曜日昼休み
■ ホームページ
   http://izumi-seminar.net/
■ メールアドレス
  kyoin_mail