(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ナカムラ タイチ   NAKAMURA Taichi
  中村 太一
   所属   専修大学  経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2000/03 エセックス大学 言語学研究科 応用言語学 博士課程修了 博士(言語学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. Association for Language Awareness (ALA)
2. 日本メディア英語学会
3. 1996/03~ International Association of Teachers of English as a Foreign Language (IATEFL)
4. 1995/01~ British Association for Applied Linguistics (BAAL)
5. 1992/04~ 全国英語教育学会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
外国語教育 (キーワード:第二言語習得論(語彙学習・個人差要因)) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/03 論文 英語学習者の「自律性」を促すためのひとつの試みについて 『専修大学人文論集』第104号 (104),167-194頁 (単著) 
2. 2017/09/08 論文 大学英語教育における自律的学習者育成の試み:自己選択による
英文記事のプレゼンテーションをとおして MEDIA, ENGLISH AND COMMUNICATION A Journal of the Japan Association for Media English Studies (7),67-83頁 (単著) 
3. 2012/09 著書 英語科教育のフロンティア-充実した実践を目指して- 保育出版  (共著) 
4. 2006/10 その他 Effects of gender differences on preservice teachers' perceptions about English language learning and teaching:an exploratory study 『専修人文論集』第79号 143-168頁 (単著) 
5. 2004/12/20 著書 『第二言語習得研究の現在-これからの外国語教育への視点』 大修館書店 123-142頁 (共著) 
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 2015/10 Allowing students to decide on a learning material: a step towards developing autonomy(6th International Conference on Classroom-Oriented Research: Towards Effective Learning and Teaching)
2. 2014/10 大学英語教育における自律的学習者育成の試み:自己選択による英文記事のプレゼンテーションをとおして(日本メディア英語学会第4回年次大会)
3. 2013 Using Newspapers to Enhance EFL Learners' Motivation to Read: A Case Study of Japanese University Students(11th Asia TEFL International Conference)
4. 2008 Learner Awareness in Language Learning: the Japanese perspective(9th ALA International Conference)
5. 2007 Surveying beliefs about language learning: the Japanese context(Universiti Putra Malaysia)
全件表示(26件)
■ 社会における活動
1. 2007/11 受け手から見た英語教育:大学生の意識調査を中心として
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 学習発表会・プレゼンテーションの実施
2. 成績評価方法の工夫
3. 授業毎の小テスト・確認テストの実施
4. 授業評価の結果の活用
5. 新聞記事や時事にかかわる資料等の活用
●作成した教科書、教材
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   第二言語習得論(語彙の習得・第二言語学習者の個人差要因) 個人研究 
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 4階 8430
■ オフィスアワー
水曜日、12:10-12:55