(最終更新日:2020-07-27 16:20:26)
  サトウ ヒロシ   SATO Hiroshi
  佐藤 暢
   所属   専修大学  経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1995/04~1998/03 筑波大学 地球科学研究科 地質学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2013/01~ 日本地球化学会
2. 2011/04~ アメリカ地質学会
3. 1999/04~ 日本火山学会
4. 1998/04~ 東京地学協会
5. 1996/12~ アメリカ地球物理学連合(AGU)
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
地質学 (キーワード:テクトニクス,中央海嶺玄武岩,岩石学) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/06/19 論文 南大洋インド洋区コンラッドライズの深海サンゴの産状についてー白鳳丸KH-20-1次航海速報ー 名古屋大学年代測定研究 4,48-52頁 (共著) 
2. 2020/01/07 論文 Alkali basalt from the Seifu Seamount in the Sea of Japan: post-spreading magmatism in a back-arc setting Solid Earth 11,pp.23-36 (共著)  Link
3. 2018/12 論文 Seafloor hydrothermal alteration affecting magnetic properties of abyssal basaltic rocks: insights from back-arc lavas of the Okinawa Trough Earth, Planets and Space 70(196) (共著)  Link
4. 2018/03/31 論文 南大洋の形成 低温科学 76,243-258頁 (共著) 
5. 2018/03 論文 熊本県御所浦島御所浦層群の堆積岩中のフランボイダルパイライト 専修自然科学紀要 (49),1-6頁 (共著) 
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. 2020/08/05 Origin of the Conrad Rise: Key to understanding the tectonic development of the southwestern Indian Ocean during Late Cretaceous(Scientific Committee on Antarctic Research 2020 Online Open Science Conferences)
2. 2020/07/16 Geochemical variation across the segment in the southernmost segment of the Central Indian Ridge(JpGU-AGU Joint Meeting 2020)
3. 2020/07/13 Boulder, cobble, pebble, and granule of continental crust rocksfrom the Wild Canyon, off Cape Darnley, East Antarctica: Preliminary results of dredged samples during KH-20-1 cruise, R/V Hakuho-maru(JpGU-AGU Joint Meeting 2020)
4. 2019/09/19 インド洋南部コンラッドライズ産火山岩の地球化学―インド洋の海台の成因の解明に向けてー(2019年度日本地球化学会第66回年会)
5. 2019/05 Geological insights into formation of Conrad Rise, Southern Ocean: Preliminary geological results of R/V Hakuho-maru KH-19-1 cruise(日本地球惑星科学連合2019年大会)
全件表示(40件)
■ 社会における活動
1. 2018/11 石巻専修大学第86回ライフサイエンスセミナーでの講演
2. 2017/11 第29回千葉県私学教育研究集会 理科研修会(助言指導・講演)
3. 2017/09 公益社団法人私立大学情報教育協会 平成29年度教育改革ICT戦略大会分科会での話題提供
4. 2016/09 はちのへジオパーク発見!体験!ジオツアー2016 講師
5. 2014/07 専修大学自然科学研究所第17回公開講演会講師
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  中央海嶺玄武岩から推定するマントル不均質の時空間分布ー中央インド洋海嶺を例にー 基盤研究(C)  Link
2. 2008/04~2011/03  中央海嶺玄武岩の組成を規定する要因の解明-南西インド洋海嶺を例に- 基盤研究(C)  Link
3. 2010/04~  インド洋におけるゴンドワナ大陸分裂初期過程の解明 国際共同研究 (キーワード:インド洋、ゴンドワナ大陸、コンラッド海膨、岩石学)
■ 研究室
生田キャンパス 10号館 6階 10647