(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  タナカ カズオ   TANAKA Kazuo
  田中 和雄
   所属   専修大学  商学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1988/03 中央大学 商学研究科 商学 博士課程単位取得満期退学
2. 1981/03 中央大学 商学研究科 商学専攻 修士課程修了 商学修士
3. 1976/03 中央大学 商学部 商業・貿易 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1990/06~ 日本労務学会
2. 1990/06~ 社会政策学会
3. 1985/09~ 日本経営学会
■ 現在の専門分野
経営学 (キーワード:経営労務論) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/01 論文 職場作業集団の管理と労働組合 専修大学商学研究所、商学研究所報 第50巻(第3号),1-34頁 (単著) 
2. 2017/03 論文 「職務」の成立と労働組合 専修ビジネス・レビュー 12(1),45-57頁 (単著) 
3. 2016/03 論文 アメリカにおける「職務」概念と人事管理 専修大学商学研究所 専修ビジネス・レビュー 11(1),39-49頁 (単著) 
4. 2015/03 論文 人的資源管理制度の批判的検討ーE.E.Kossek=R.N.Blockの研究との関連でー 専修ビジネス・レビュー 10(1),25-48頁 (単著) 
5. 2014/03/01 論文 「人的資源管理」の批判的分析視角に関する試論~「人事管理・労務管理」批判との関連で~ 専修大学商学研究所、商学研究所報 45(7),1-23頁 (単著) 
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2004/09/02 アメリカ企業における「職務」概念の変化とHRM(日本経営学会)
2. 2004/04/24 「職務」概念の変化とHRM(日本経営学会関東部会)
3. 1998/09/01 アメリカにおける労使関係の変容と「ヒューマン・リソース・マネジメント」(日本経営学会)
4. 1998/01/01 アメリカにおける労使関係の変容と人的資源管理(日本経営学会関西部会)
5. 1988/12/01 産業社会の管理方策-メイヨー・レスリスバーガーの労務学説を中心に-(日本経営学会関西部会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/04/01~2014/01/23 学生に体験させるような工夫
2. 2013/04/01~2014/01/23 学生の講義出席率を高めるための工夫
3. 2013/04/01~2014/01/23 学習内容に関するキーワードの提示
4. 2013/04/01~2014/01/23 学習発表会・プレゼンテーションの実施
5. 2013/04/01~2014/01/23 成績評価方法の工夫
●作成した教科書、教材
全件表示(12件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   人的資源管理の研究 個人研究 (キーワード:人的資源管理 人事管理 労使関係)
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 14階 1406