(最終更新日:2021-11-29 12:36:32)
  カンバラ サトシ   KANBARA Satoshi
  神原 理
   所属   専修大学  商学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1995/03 兵庫県立大学 経営学研究科 商品学 博士課程単位取得満期退学
2. 1991/03 兵庫県立大学 経営学研究科 修士課程修了 修士(経営学)
3. 1989 香川大学 経済学部 経営学科 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1996/05~ 日本商品学会
2. ∟ 副学会長(学会誌編集・査読担当)
3. 2015/05~ 日本公益学会
4. 2015/05 ∟ 理事
5. 2009/09~ 地域活性学会
■ 現在の専門分野
商学 (キーワード:商品(サービス)研究、ソーシャル・ビジネス、ソーシャル・マーケティング) 
■ 産学連携・共同研究等
1. 2005
共同研究区分:希望するテーマ
ソーシャル・ビジネス、ソーシャル・マーケティング
■ 著書・論文歴
1. 2021/01 論文  社会的消費とSDGsに関する意識調査−3クラスタの心理的距離− 専修商学論集 (112),171-189頁 (単著) 
2. 2020/05/20 論文  社会的消費と幸福:持続可能な社会に向けた希望の共有 商品研究 62(3・4),13-27頁 (単著) 
3. 2020/03/30 論文  社会的消費とSDGsに関する意識調査 専修ビジネスレビュー 15(1),51-59頁 (単著) 
4. 2020/03/30 論文  社会的消費に関する一般的傾向の抽出と検証 専修ビジネスレビュー 15(1),61-73頁 (単著) 
5. 2019/07 論文  フィールドワークにおけるスマホアプリの有効性
-ICTを活用した調査手法の試み- 専修商学論集 (109),153-162頁 (単著) 
全件表示(63件)
■ 学会発表
1. 2019/06/08 ビジネス教育におけるアクティブラーニングの試み(日本商品学会第70回全国大会)
2. 2017/09 コミュニティ意識や信頼にもとづく幸福度分析(地域活性学会第9回研究大会)
3. 2014/11 Community Awareness and Life Satisfaction of Citizens in Kawasaki City(2014 ANPOR Annual Conference)
4. 2014/10 川崎市における市民のコミュニティ意識とソーシャルキャピタル(日本公益学会2014年度秋季研究大会)
5. 2014/07 川崎市における市民のコミュニティ意識−web調査と自主防災組織への調査から−(地域活性学会第6回研究大会)
全件表示(21件)
■ 社会における活動
1. 2015~ お茶大女性ビジネスリーダー育成塾:徽音塾 Link
2. 2021/09~2022/01 第7回サラリーマンの生活と生きがいに関する調査研究会
3. 2017/11 第12回日本食育コミュニケーション協会全国大会、審査委員 Link
4. 2013~2016 「磨けば光る多摩事業」審査委員
5. 2012/11 食育コミュニケーター活動発表全国大会(審査委員長) Link
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2019/04/30 サービス・マーケティング概論
2. 2019/04 ビジネス・アイデア・ストーミング ービジネス教育におけるアクティブラーニングー
3. 2011/03 市民のためのコミュニティ・ビジネス入門
4. 2010/03 「現代商品論」(白桃書房)
●教育に関する発表
1. 2019/06/08 ビジネス教育におけるアクティブラーニングの試み
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002~2007  商品・サービスの社会・文化的研究 個人研究 (キーワード:商品、サービス、社会・文化性)
2. 2002  社会的企業によるソーシャル・ビジネス 個人研究 (キーワード:ソーシャル・ビジネス、社会的企業)
■ 研究室
神田キャンパス1号館 14階 1417
■ メールアドレス
  kyoin_mail