(最終更新日:2020-04-02 18:49:45)
  ミズサキ タカヒロ   MIZUSAKI Takahiro
  水崎 高浩
   所属   専修大学  法学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1993/03 東京大学 理学系研究科 物理学 博士課程修了 博士(理学)
2. 1989/03 東京大学 理学系研究科 物理学専門課程 修士課程修了
3. 1987/03 東京大学 理学部 物理学科 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 1990/03~ 日本物理学会
■ 現在の専門分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理, 物性�U 
■ 産学連携・共同研究等
1. 2002
共同研究区分:希望するテーマ
強相関電子系の研究
共同研究希望実施形態:大学等の研究機関との共同研究を希望する。
2. 1995
共同研究区分:希望するテーマ
モンテカルロ殻模型
共同研究希望実施形態:大学等の研究機関との共同研究を希望する。
■ 著書・論文歴
1. 2019/06 論文 Thick-restart block Lanczos method for large-scale shell-model calculations Computer Physics Communications  (共著) 
2. 2019/03 論文 Hyper-Pfaffian for quartet wave function Bulletin of the Institute of Natural Sciences, Senshu University 50,pp.19-28 (共著) 
3. 2019/03 論文 Large mirror asymmetry in Gamow-Teller β-decay in the A = 26 isobaric multiplet Nucl. Phys. A 986,pp.107 (共著) 
4. 2018/11 論文 Variational Monte Carlo method for shell-model calculations in odd-mass nuclei and restoration of symmetry Physical Review C C(98),pp.054309 (共著) 
5. 2018/06 論文 Isoscalar neutron-proton pairing and SU(4)-symmetry breaking in Gamow-Teller transitions Physical Review C 97(5),pp.054326 (共著) 
全件表示(107件)
■ 学会発表
1. 2019/06 Alpha correlations in terms of the hyper-Pfaffian(NSD2019)
2. 2017/09 Recent advances of sign problem in Onishi formula(ISPUN17)
3. 2016/09 Pfaffian formula for projected HFB states with multi quasi-particle excitations(INPC2016)
4. 2015/09 Shell model study of shape change on N=Z line VAP-GCM analysis based on HFB(The next 5th International Conference on Collective Motion in Nuclei under Extreme Conditions (COMEX5))
5. 2015/03 Gaffnian状態のGapについて(日本物理学会2015年 年会)
全件表示(26件)
■ 社会における活動
1. 2016/04~2017/03 日本物理学会誌編集委員会班長
2. 2015 日本物理学会誌編集委員
3. 2014/04~2016/03 日本物理学会誌編集委員
4. 2008/07 専修大学自然科学研究所公開講演会の企画
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04 教育内容の工夫
●作成した教科書、教材
1. 2005/11/01 物理の教科書の執筆
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   グラスマン積分とPfaffian の量子多体物理学への応用 国際共同研究 (キーワード:Pfaffian, Grassmann integral, Wick theorem, PSM)
2.   補助場量子モンテカルロ法による対角化法の研究 国内共同研究 (キーワード:量子モンテカルロ法,多体問題)
3. 2011  変分モンテカルロ法による量子多体問題の解法 国内共同研究 (キーワード:モンテカルロ,量子多体問題)
4. 2008  分数量子ホール効果 国際共同研究 (キーワード:FQHE, non-hierarchy state, Pfaffian, Gaffnian, Conformal Field Theory, Skyrmion, Graphene)
5. 2002  エネルギー偏差を用いた外挿法による殻模型の研究 個人研究 (キーワード:外挿法、厳密解、殻模型、量子多体問題)
全件表示(6件)
■ 研究室
神田キャンパス 1号館 11階 1106