(最終更新日:2020-04-02 18:49:47)
  ナカザワ ヒトシ   NAKAZAWA Hitoshi
  中沢 仁
   所属   専修大学  人間科学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1990/04~1993/03 東京大学 人文科学研究科 心理学 博士課程単位取得満期退学
2. 1988/04~1990/03 東京大学 人文科学研究科 心理学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1988 東京大学 教養学部 教養学科第一人間行動学分科 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1992/02~ 日本視覚学会
2. 1991/11~ 日本発達心理学会
3. 1991/06~ 日本基礎心理学会
4. 1990/06~ 日本心理学会
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:知覚情報処理) 
■ 著書・論文歴
1. 2015/09 論文 短時間順応下での時間知覚 -方位選択的処理の寄与- 日本基礎心理学会・基礎心理学研究 34(1),45-52頁 (共著) 
2. 2012/03 論文 ブレイン・デコーディングとブレイン・マシン・インターフェースを用いた心理学的研究についての論考 専修人間科学論集 2(1),35-42頁 (単著) 
3. 2011/07 論文 事象関連電位を用いた5方向身体傾斜運動想起の神経デコーディング 電子情報通信学会 信学技報 111(155),11-14頁 (共著) 
4. 2006/02 著書 図説現代心理学入門[三訂版]5章 感覚・知覚 培風館 117-140頁 (共著) 
5. 2005/01 著書 閾と閾下知覚,味覚の説明と基本味,嗅覚的空間定位 有斐閣 新・心理学の基礎知識 67,94,95頁 (共著) 
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2015/09 摂食障害傾向は身体画像の大きさ知覚に影響する(日本心理学会第79回大会)
2. 2015/09 運動刺激順応後に観察される視運動反応の変化(日本神経回路学会第25回全国大会)
3. 2014/12 視覚的運動情報による時間知覚の変化ー先行刺激および対象の運動が及ぼす影響とその相互作用(日本基礎心理学会第33回大会)
4. 2011/06 Neural decoding of 5 leaning directions in motor imagery from event-related potentials(Human Brain Mapping 2011, 17th Annual Meeting)
5. 1992/09/01 アモーダル補完の計算論的分析(日本心理学会)
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 学生によるグループワークの活用
2. 2013 学習発表会・プレゼンテーションの実施
3. 2013 視覚に訴えるような工夫
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   視知覚情報処理 個人研究 (キーワード:遮蔽,情報処理)
■ 研究室
生田キャンパス 4号館 4階 4405