(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  アミノ フサコ   AMINO Fusako
  網野 房子
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   准教授
■ 学歴
1. 1996/03 東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学 博士課程単位取得満期退学
2. 1988/03 東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学専攻 修士課程修了 文学修士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 東京都立大学・首都大学東京社会人類学会
2. 韓国・朝鮮文化研究会
3. 1997/06~ 比較家族史学会
4. 1993/08~ 比較民俗学会(韓国)
5. 1992/12~ 日本民俗学会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
文化人類学・民俗学 (キーワード:文化人類学・社会人類学・民俗学・宗教儀礼研究・少数者研究) 
■ 著書・論文歴
1. 2013/05 著書 「ケガレ」「死の担い手」(事典項目) 土生田純之『事典墓の考古学』吉川弘文館   
2. 2013/03 論文 朝鮮半島の被差別民・白丁をめぐる覚書−韓国現地調査から 専修大学人文科学研究所月報 (262),1-16頁  
3. 2010/03/23 論文 韓国の死生観とケガレ−巫女の二つのあり方から 専修大学現代文化研究会・『現文研』 (86),60-69頁 (単著) 
4. 2010/03 その他 韓国済州島の老いのあり方をめぐって *** 137-158頁 (共著) 
5. 2009/11/06 著書 「同年講」「年祝い」「孫祝い」(辞典項目) 朝倉書店・『祭・芸能・行事大辞典』上・下 下,1217、1239、1647頁 (単著) 
全件表示(43件)
■ 学会発表
1. 2008/06/27 済州巫俗研究の回顧と反省ー個人的経験を基礎として(제주 무속의 회고와 반성:개인적 경험을 기초로)(済州国際協議会2008年国際学術会議(済州民俗の産業))
2. 2007/12/01 제주도의 돗제에 관한 고찰(済州島の豚祭に関する考察)(韓国言語文学会第48回学術発表大会(韓国))
3. 2006/07/29 韓国済州島の海女儀礼の世界-海をめぐる信仰の日韓比較研究に向けて(한국 제주도 잠수의례의 세계 -바다를 둘러싼 신앙의 한일비교연구)(2006年比較民俗学会韓日国際学術発表会(主題:韓日祝祭文化の比較))
4. 2006/06/03 「豚と貨幣ー韓国済州島のケガレをめぐって」(日本文化人類学会第40回研究大会)
5. 2004/11/02 「越境する宗教-在日コリアンの調査から」(現代文化研究会例会)
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2013/10 公開講座 歴史を紐解く
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008~2008  朝鮮半島の社会人類学・民俗学的研究 個人研究 (キーワード:朝鮮半島、社会と文化、比較社会・文化)
■ 研究室
生田キャンパス 10号館 6階 10631