(最終更新日:2021-04-07 17:01:34)
  イナダ ジュウイチ   INADA Juichi
  稲田 十一
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1989/03 東京大学 国際政治経済学研究科 国際関係論 博士課程単位取得満期退学
2. 1984/03 東京大学 社会学研究科 国際関係論 修士課程修了 国際学修士
3. 1976/04~1980/03 東京大学 教養学部 国際関係論 卒業 教養学士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2016/04~ International Political Science Association
2. 1989/06~ 日本国際開発学会
3. 1988/10~ International Studies Association
4. 1982/05~ 日本国際政治学会
■ 現在の専門分野
社会学, 国際関係論, 政治学 (キーワード:経済社会分析、ガバナンス研究、援助評価) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/03 論文  急拡大する中国の対外経済協力とその「規範」の変容可能性-ミャンマー・ミッソンダムの事例を中心に 専修大学・社会科学年報 (55),29-48頁 (単著) 
2. 2020/01 著書  ドナーとしての中国の台頭とそのインパクト-カンボジアとラオスの事例、金子芳樹・山田満・吉野文雄(共編)『一帯一路時代のASEAN』   (共著) 
3. 2019/10 論文  中国「一帯一路」事業のスリランカへのインパクトとその評価 専修大学社会科学研究所月報 (9-10月号) (単著) 
4. 2017/10 著書  『社会調査からみる途上国開発-アジア6か国の社会変容の実像』   (単著) 
5. 2014/06 論文  「民主的開発国家は可能か-紛争後の4カ国の経験」、国際開発学会『国際開発研究』23巻1号(特集 ポスト2015年開発戦略におけるガバナンス) 国際開発学会『国際開発研究』 23(1) (単著) 
全件表示(108件)
■ 学会発表
1. 2020/10 急拡大する中国の対外経済協力とその「規範」の変容可能性-ミャンマー・ミッソンダムの事例を中心に(日本国際政治学会・2020年度研究大会)
2. 2019/11 Are “democratic developmental states” feasible?: The role of international actors in Cambodia and Rwanda(The IPSA (International Political Science Association) Joint Colloquium: Diversity and Democratic Governance)
3. 2019/10 Transformation of Social-wellbeing in Cambodia(The Sixth Conference of International Consortium for Social Well-Being Studies (Comparative Well-being in East and Southeast Asian Societies))
4. 2019/08 Is democracy feasible in “Post-conflict Developmental States”? : Comparative Analyses of Cambodia and Angola(International Conference on Global Risk, Security and Ethnicity)
5. 2018/12 The Impact of Chinese Aid and the “Beijing Consensus”: A Case of Cambodia and its Implications to ASEAN(The 6th Japanese Studies Association in Southeast Asia (JSA-ASEAN) Conference)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2001/04~ 「国際協力論Ⅰ・Ⅱ」
2. 2008/04~ 「海外特別研修」
3. 2015/04~ 「Global Economy」講義
4. 2006/04~ ゲスト・スピーカーの活用
5. 2006/04~ 毎回の授業の基本的な進め方の工夫
●作成した教科書、教材
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   アジアのガバナンスについての研究 国内共同研究 (キーワード:ガバナンス,アジア)
2.   主要先進国・国際機関の開発援助政策の分析 個人研究 (キーワード:開発援助)
3.   対中国ODAの効果の分析 国内共同研究 (キーワード:中国,ODA,援助評価)
4.   平和構築と復興支援 個人研究 (キーワード:平和構築、復興支援、膳弱国家)
5. 2019/04~2022/03  岐路に立つASEANの選択—「一帯一路」と「インド太平洋」の狭間で 基盤B 
全件表示(12件)
■ 研究室
生田キャンパス9号館 7階 9725