(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ヤマザキ ヒデヒコ   YAMAZAKI Hidehiko
  山崎 秀彦
   所属   専修大学  経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1985 早稲田大学 商学研究科 博士課程単位取得満期退学
2. 1979/04~1981/03 早稲田大学 商学研究科 修士課程修了 商学修士
3. 1979 早稲田大学 商学部 卒業
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 2007/12~ 日本内部統制研究学会
2. 2006/09~ 国際会計研究学会
3. 1986/04~ 日本監査研究学会
4. 1985/04~ アメリカ会計学会(American Accounting Association)
5. 1985/04~ 日本会計研究学会
■ 現在の専門分野
会計学 (キーワード:会計) 
■ 著書・論文歴
1. 2016/02 論文 非財務情報の信頼性の保証 森山書店・會計 189(2),215-229頁 (単著) 
2. 2014/07 論文 Form10-K等を使った「統合報告」の可能性-米国における統合報告の動向- 日本政策投資銀行 設備投資研究所・経済経営研究 35(1),23-39頁 (単著) 
3. 2013/05 論文 財務諸表と財務諸表外情報(MD&A)との一体的開示 森山書店・會計 183(5),607-621頁 (単著) 
4. 2012/08 論文 統合報告に対する信頼性付与の可能性 国際会計研究学会年報 2011年度(第2号),31-44頁 (単著) 
5. 2012/08 その他 学者が薦めるこの一冊 古庄修著『統合財務報告制度の形成』中央経済社刊 会計・監査ジャーナル (685),93頁 (単著) 
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. 2015/10 統合報告に対する保証(国際会計研究学会第32回研究大会統一論題報告)
2. 2012/03 統合報告に対する信頼性付与の可能性(国際会計研究学会第2回東日本部会統一論題報告)
3. 2009/09 課題別研究部会報告(部会長:山崎秀彦)財務諸表外情報の開示(Narrative Reporting)と保証(最終報告)(日本監査研究学会第32回全国大会課題別研究部会報告)
4. 2008/09 スタディー・グループ報告(主査:吉岡正道;東京理科大学)「会社法の計算規定」(最終報告)(日本会計研究学会第67回大会)
5. 2008/09 監査報告の新展開(日本会計研究学会題67回大会統一論題報告)
全件表示(18件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 教育内容・方法の工夫
●作成した教科書、教材
1. 2006/05 『新訂版 監査論を学ぶ』(同文舘出版 分担執筆)
■ 受賞学術賞
1. 2003 日本監査研究学会研究奨励賞
2. 1984 日本商工会議所会頭賞(簿記検定試験施行30周年記念簿記会計懸賞論文二等入選)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   企業の存続可能性に関する監査人の検討 国内共同研究 (キーワード:継続企業)
2.   監査の理論と制度に関する研究 個人研究 (キーワード:監査,証拠論)
3.   監査人の独立性に関する研究 国内共同研究 (キーワード:独立性)
4. 2012  統合報告とその保証 個人研究 (キーワード:統合報告,財務諸表外情報,非財務情報,MD&A,戦略報告書)
■ 研究室
生田キャンパス 10号館 6階 10642