(最終更新日:2020-06-10 09:25:09)
  イイオ ヒデユキ   IIO Hideyuki
  飯尾 秀幸
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1982/04~1987/03 東京大学 人文科学研究科 東洋史学 博士課程単位取得満期退学
2. 1980/04~1982/03 東京大学 人文科学研究科 東洋史学専攻 修士課程修了 文学修士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1995/06~ 歴史科学協議会
2. 1989/11~ 日本秦漢史学会
3. 1985/12~ 東京歴史科学研究会
4. 1985/05~ 史学会
5. 1980/10~ 東洋史研究会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
アジア史・アフリカ史 (キーワード:中国古代史) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/01 論文 中国古代国家史研究の論点と課題 ;歴史評論 (837),19-31頁 (単著) 
2. 2019/03 論文 5年間の研究活動を振り返って 古代東ユーラシア研究センター年報 (5),185-197頁 (単著) 
3. 2017/11 論文 『嶽麓書院秦簡(参)』訳注(3) 『専修史学』63号  (共著) 
4. 2017/06 著書 国家論 『歴史学が挑んだ課題-継承と展開の50年』大月書店 77-96頁 (単著) 
5. 2017/03 論文 中国史における初期国家論をめぐって 『専修史学』62号 (62),154-172頁 (単著) 
全件表示(68件)
■ 学会発表
1. 2003/04/26 歴史学の現在-石母田正の国家論について-(歴史学研究会、明治大学リバティータワー)
2. 1998/05/23 中国古代における個と共同性(歴史学研究会大会)
3. 1995/09/01 戦後の「記録」としての中国古代史研究(中国社会文化学会大会)
4. 1986/11/01 亭考(史学会 史学雑誌 95巻12号)
5. 1985/08/01 中国古代の家族研究をめぐる諸問題(歴史科学協議会大会 歴史評論 424号)
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 教育方法の工夫
●作成した教科書、教材
1. 作成した教材
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1982  中国古代国家史 個人研究 (キーワード:国家、家族、共同体)
■ 研究室
生田キャンパス 9号館 5階 9502