(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ニシ タカコ   NISHI Takako
  西 孝子
   所属   専修大学  商学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1992/03/04
(学位取得)
広島大学 博士(学術)
2. 1986/03 広島大学 環境科学研究科 修士課程修了
3. 1984/03 広島大学 総合科学部
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 1993/05~ 日本動物学会
2. 1984/05~ 日本比較生理生化学会
■ 現在の専門分野
神経生理学・神経科学一般, 動物生理・行動 (キーワード:神経科学一般,動物生理・代謝) 
■ 産学連携・共同研究等
1.   共同研究区分:共同研究
軟体動物の神経生理学
■ 著書・論文歴
1. 2015 著書 体験型「味覚」講座
ヒトの味覚について考察する 共立出版・感覚 (研究者が教える動物実験) 1,22-25頁 (共著) 
2. 2015 著書 心の動きをモニターする
自律神経の働きで生じる情動行動 共立出版・行動 (研究者が教える動物実験) 3,139-141頁 (単著) 
3. 2015 論文 Carbon dioxide sensitivity and its role in multifunctional neurons in the mollusk Onchidium. Elsevier/Comparative Biochemistry and Physiology Part A 179,pp.172-181 (単著) 
4. 2013/09 論文 経済学と生理学 日本比較生理生化学会/比較生理生化学 30(3),122-125頁 (単著) 
5. 2013/03 論文 Baseline membrane activities of Onchidium
photoresponsive neurons Bulletin of the Institute of Natural Sciences, Senshu University 43,21-26頁 (単著) 
全件表示(42件)
■ 学会発表
1. 2018/11 Neural responses against osmoticstress in Onchidium identified neuron(日本比較生理生化学会 第40回神戸大会)
2. 2018/09 軟体動物イソアワモチの浸透圧変化による神経応答について(日本動物学会 第89回大会)
3. 2017/11 Detection of gene expression for photopigments in the Onchidium neurons(日本比較生理生化学会第39回大会)
4. 2015/08 Carbon dioxide sensitivity and its role in multifunctional neurons in the mollusk Onchidium.(The 9th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry)
5. 2013/07 The possibility of CO2 gas sensing in Onchidium photoresponsive neuron(第35回日本比較生理生化学会大会)
全件表示(65件)
■ 社会における活動
1. 2011/07 脳を知る・・・脳科学へのいざない
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. パワーポイント・ビデオ教材の使用
2. 新聞記事を用いた資料作成
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1986  軟体動物を用いた神経生物学 国内共同研究 (キーワード:イソアワモチ, 神経系)
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 3階 8329