(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  ハブタ ヨシユキ   HABUTA Yoshiyuki
  土生田 純之
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1992/03/06
(学位取得)
関西大学 博士(文学)
2. 1978 関西大学 文学研究科 日本史学専攻 修士課程修了
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 2009/11~ 日本遺跡学会
2. 1988/06~ 日本文化財科学会
3. 1986/04~ 日本考古学協会
4. 1984/04~ 島根考古学会
5. 1972/05~ 萬葉学会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
考古学 (キーワード:古墳、日朝交流、渡来人、儀礼) 
■ 産学連携・共同研究等
1. 2004
共同研究区分:希望するテーマ
東アジア地域における青銅器文化の移入と変容および流通に関する多角的比較研究
■ 著書・論文歴
1. 2015/05 その他 高田貫太著『古墳時代の日朝関係ー新羅・百済・大加耶と倭の交渉史ー』 日本考古学協会『日本考古学』 (39号),125-130頁  
2. 2015/03 論文 「東国の渡来人ー5世紀後半を中心としてー」 専修大学社会知性開発研究センター『古代東ユーラシア研究センター年報』 (1号) (単著) 
3. 2015/01 その他 「金井東裏遺跡が語るもの」 ***  (単著) 
4. 2014/11 その他 「中道古墳群の盛衰ー中期における大型古墳の欠如ー」 山梨県立博物館他『古代東国と機内王権ー甲斐中道古墳群の検討からー』  (単著) 
5. 2014/07 著書 編著『古墳の見方』 ニューサイエンス社  (共著) 
全件表示(193件)
■ 学会発表
1. 2014/06/23 日本における古墳構築技術の土木考古学的研究(水利・土木考古学の現状と課題)
2. 2013/10/19 半島の積石塚と列島の古墳(日本考古学協会大会)
3. 2010/12 「始祖墓としての古墳」(2010年大東文化財研究院招請講演会)
4. 2010/05 〝Japan- Korea Interaction Viewed from Eastem Japan during the kotun Period〟(Early Korea project Workshop 〝Early Korea- Japan Interactions: New Prespectives on Old Issues〟)
5. 2009/07 「日本古代の喪葬儀礼」(国際學術曾議・大加耶の精神世界)
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2017/04~2018/03 史跡馬越長火塚古墳群保存活用計画策定委員会・委員長
2. 2017/04~ 向山古墳群検討委員会・副委員長
3. 2017/04~ 姫小川古墳崩落防止対策検討会議・副委員長
4. 2016/04~2017/03 史跡馬越長火塚古墳群保存活用計画策定委員会・委員長
5. 2015/05~ 日本考古学協会機関誌『日本考古学』原稿査読委員
全件表示(32件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 教育方法・内容の工夫
●作成した教科書、教材
1. 2003/03 『日本全国古墳学入門』編著担当
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/10/17 FD委員会主催公開授業
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   古墳における儀礼の研究 個人研究 (キーワード:古墳,儀礼)
2.   古墳時代の墓制研究 個人研究 (キーワード:古墳時代,墓制)
3.   古墳時代の日韓交渉 個人研究 
4. 2004~2006  東アジア地域における青銅器文化の移入と変容および流通に関する多角的比較研究 国際共同研究 
■ 研究室
生田キャンパス 9号館 5階 9522