(最終更新日:2020-04-02 18:49:46)
  アトウ マサミチ   ATO Masamichi
  阿藤 正道
   所属   専修大学  商学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1986/07/04
(学位取得)
名古屋大学 理学博士
2. 1986/03 名古屋大学 理学研究科 化学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
■ 所属学会
1. 錯体化学会
2. 1980/01~ 日本化学会
■ 著書・論文歴
1. 2004/12 論文 暮らしとリサイクル 専修大学自然科学研究所所報 80,7-11頁 (単著) 
2. 2003/09 論文 光学活性骨格を持つ多座ホスフィン錯体の合成 専修大学自然科学研究所所報 78,11-22頁 (単著) 
3. 1998/11/01 その他 A New One-Dimensional Platinum System Consisting of Carboxylate-Bridged cis-Diammineplatinum Dimers. Journal of the American Chemical Society 1998. 120.  (共著) 
4. 1997/12/01 その他 The Synthesis and Stereochemistry of Cobalt(III) Complexes with the New Optically Active Phosphine Ligand, N,N'-bis([2-diphenylphosphanyl]ethyl)-(1R,2R)-cyclohexane-1,2-diamine (ch-PNNP). The Crystal Acta Chemica Scandinavia 51, 1169-1177(1977).  (共著) 
5. 1997/11/01 その他 化合物の辞典 朝倉書店  (共著) 
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2005/09 三脚型六座配位子を用いたNi-M-Ni型異種金属三核錯体の構造と磁気的性質(第55回錯体化学討論会)
2. 2005/06 Structures and Magnetic Properties of Heterometal Complexes with Tripotdal Hexadentate Ligands(20th International Conference on Coordination and Bioinorganic Chgemistry)
3. 1998/08/30 Cobalt(III) and Rhodium(III) Complexes with a Chiral Tetradentate Phosphine Ligand(33rd International Conference on Coordination Chemistry(Florence. Italy))
4. 1996/09/21 2,2’ビピリジン 1,1-ジオキシド およびその4,4'-ジメトキシ誘導体のトリス型ロジウム(III)錯体の合成と配座異性(第46回 錯塩化学討論会(講演要旨集 1APO2))
5. 1995/10/01 非対称なジケトナト配位子を含むコバルト(III)ホスフィン錯体の立体選択性(第45回錯体化学討論会講演要旨集)
全件表示(31件)
■ 社会における活動
1. 2015/11 「座談会 『第14回学生生活実態調査』から読み解く現代学生像とこれからの学生支援」
2. 2015/05 「新入生歓迎セミナーについて - 専修大学における試み」
3. 2012/08 夏期復興支援ボランティア活動
4. 2011/12 専修大学の現状と課題
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04/01~2014/03/31 視聴覚を利用したわかりやすい化学教材の作成
2. 2011/04/01~2014/03/31 PCによる出席管理と成績評価
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   光学活性多座ホスフィン錯体を含む錯体の合成 個人研究 (キーワード:光学活性 ホスフィン配位子)
2. 1998  リサイクルに関する諸問題 個人研究 (キーワード:リサイクル 循環型社会)
■ 研究室
生田キャンパス 8号館 4階 8434