(最終更新日:2020-04-02 18:49:44)
  サクマ イツオ   SAKUMA Itsuo
  作間 逸雄
   所属   専修大学  経済学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1978/03 一橋大学 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
2. 1975/03 一橋大学 経済学研究科 修士課程修了 経済学修士
■ 担当科目
1. Web講義要項(シラバス)〔学部〕 Link
2. Web講義要項(シラバス)〔大学院〕 Link
■ 所属学会
1. 1978/10~ 日本経済学会
■ 著書・論文歴
1. 2002/09 その他 「ボランタリー経済はケイパビリティー志向経済である:組織内公共圏を活性化させるひとつの道」 『企業とボランタリー経済』、日本評論社、東京海上研究所ボランタリー経済研究プロジェクト第3期報告書  (共著) 
2. 2002/05 その他 「福祉国家の再定義と国民経済計算」 西日本経済理論学会編『国民経済計算の新たな展開』、(現代経済学研究 第9号)、勁草書房  (単著) 
3. 2002/03 その他 「環境・経済統合勘定(SEEA)をめぐって」久保庭真彰編『環境経済論の最近の展開』 Discussion Paper Series B No.27、 一橋大学経済研究所  (単著) 
4. 2002/02 その他 「国民経済計算における非営利機関(NP0)の取り扱いとその課題-SNAとJHCNP-」 Discussion Paper Series A No.426、一橋大学経済研究所  (単著) 
5. 2001/11/22 その他 「ボランタリー経済はケイパビリティー志向経済である」『TOKIO MARINE FORUM』、vol.18 シンポジウム「企業とボランタリー・エコノミー」(東京海上研究所)記録   
全件表示(61件)
■ 学会発表
1. 2002/09 「交易条件効果をめぐって」(経済統計学会、北海学園大学)
2. 2002/08/18 『A Reconsideration of Trade of Trade Effects of 93SNA Within the Framework of UN ICP Programme』(『paper prepared for the 27th General Conference of the International Association for Research in I)
3. 2000/08/27 『Additivity. Matrix Consistency and A New Method for International Comparisons of Real Income and Purchasing Power Parities』(paper presented at the 26th general conference of the International Association for Research in In)
4. 1998/08/23 『Integrated Environmental and Economic Accounting in Japan: Anapplication of the SEEA and its evaluation』(paper presented at the 25th General Conference of the International Association for Research in Inc)
5. 1997/10/13 『Integrated Environmental and Economic Accounting in Japan: Anapplication of the SEEA and its evaluation』(paper presented at The Progress in Environment and Resource Accounting Approach: A principle to the)
全件表示(11件)
■ 研究室
生田キャンパス 5号館 2階 5 G3