オオウラ セイジ   OURA Seiji
  大浦 誠士
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/08
形態種別 未選択
標題 「無心所著歌」から見る和歌世界
執筆形態 その他
掲載誌名 岩波書店 『文学』
巻・号・頁 6(4),37-49頁
概要 万葉歌の世界ではやや異端的と見られている巻十六の歌を出発点として、そこから万葉歌の世界を捉え直す論である。意味をなさない歌をあえて作ったという「無心所著歌」をはじめとする巻十六の歌世界には、近代的な文学の観念とは異なりながらも、<遊>の中で言葉によって世界を構築する<芸>がみとめられ、その言葉の<芸>は季節歌・挽歌・相聞歌等の正統的と見える万葉歌の世界と質的に同等のものであることを確認し、近代的な文学観とは異なる視点から万葉歌を捉え直す必要性を主張する。