イケベ リョウ   IKEBE Ryo
  池部 亮
   所属   専修大学  商学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/03
形態種別 未選択
標題 東アジアの国際分業と「華越経済圏」
執筆形態 単著
掲載誌名 新評論
総ページ数 244
概要 東アジア諸国は中国を軸にIT関連製品の生産地域を形成してきた。この国際分業構造を分析し「事実上の経済統合」地域として、中国とASEAN諸国(とりわけベトナム)との間で経済圏が形成されつつあることを提示した。本論文の分析に当たって、東アジア国際分業に関するキャッチアップ工業化論、雁行型経済発展論、産業高度化の理論、フラグメンテーション論、産業集積(アグロメレーション)理論、重力モデル理論などの先行研究を踏まえた上で、主にキャッチアップ型工業化論を分析の基軸として、オリジナルの「多国籍企業の二次展開と産業の国際伝播」の分析枠組みを示した。そして、工業化開始時期の異なる東アジア主要国(日本、韓国、タイ、中国、ベトナム)の発展段階を貿易特化係数により計測しグラビティモデル(物理的距離と経済規模)、生産要素賦存比率の差異、サービス・リンク・コストなどの理論モデルに基づいて、「華越経済圏」の形成条件を詳述した。東アジアのサプライチェーンの構造分析を貿易データからアプローチし、チャイナ・プラス・ワンなどの事象や中国の二次展開の現出を実証した。